ダブル洗顔は必要なの?不要なの?

ダブル洗顔についての是非が分かれてしまう理由には、人によって肌の状態に個人差があったり、年齢による影響が出ているためです。また、使用しているクレンジング剤・洗顔料との相性も考えられます。

サムネ画像
目次
  • ダブル洗顔とは
  • ダブル洗顔の賛否について
  • 肌の状態には個人差がある
  • ダブル洗顔が不要な洗顔料
案内

ダブル洗顔とは

ダブル洗顔とは、クレンジング剤でメイク落としを行ったあとに、洗顔料で通常の汚れを洗い落とすことをいいます。普段メイクを行うことのない男性には馴染みが薄く、女性ならではの洗顔行為といえます。

クレンジング

クレンジングと通常の洗顔ではその役割が異なるため、2回に分けて洗顔をする必要性が生じます。クレンジング剤はメイク成分に含まれる油分を落とす目的で行い、しっかり油分を落としたあとに、通常の洗顔料で古くなった角質や汗、皮脂などを落とします。

クレンジング メイクに含まれる油分、毛穴に詰まった皮脂汚れ、黒ずみなど
洗顔 通常の汚れ (汗、皮脂汚れ、古くなった角質、顔面に付着した埃など)

クレンジングのみの場合

「クレンジングだけでも、肌の汚れが洗い流されたように感じるよ?」と思う方も居られますが、クレンジング単体では肌の油分のみが洗い落とされた状態であり、水性汚れを含む全ての汚れを取り終えた状態とはいえません。一見すると肌の汚れが全て落ちているようにみえるかもしれませんが、目に見えない角質汚れや埃汚れなどが付着している可能性も十分にあります。特にメイクの薄い日などは、クレンジングだけで済ませようと考える方も居るかと思いますが、洗顔まできちんと行うことを勧めます。

洗顔のみの場合

逆に、メイク落としを通常の洗顔だけで済ませようとすると、メイク油分を完全に落とし切れず、落としムラや落とし忘れの箇所が出てきてしまいます。こういったメイクの落とし忘れは、翌日の化粧ノリに悪影響を与えたり、残った油分が毛穴を詰まらせて炎症などの肌トラブルの原因になることがあります。

洗顔

ダブル洗顔の賛否について

ダブル洗顔の是非に関しては、賛否両論あります。ここではダブル洗顔のメリット、デメリットを挙げることで、賛成派、反対派の意見をそれぞれ汲み取っていきたいと思います。

メリット (賛成派の意見)

ダブル洗顔のメリットには、以下の項目が挙げられます。

  • 洗顔だけでは落ちにくかったメイク汚れが、ダブル洗顔によって毛穴の隅々までしっかりと落ちる。
  • メイク油分の落としムラや落とし忘れ箇所が減り、毛穴が詰まることで起こるニキビや肌トラブルを予防できる。
  • 汚れがしっかり落ちているので、翌日の化粧ノリが良くなる。

メイクや肌の汚れをしっかりと落とす目的であれば、ダブル洗顔を行った方が効果的です。

メイクの落とし忘れや、肌表面に付着した余計な汚れは、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を妨げる要因になりかねません。また、毛穴が詰まってしまうと、角栓にアクネ菌や常在菌が繁殖してニキビや炎症、肌の病気を引き起こしてしまう原因となることもあります。

困った女性

デメリット (反対派の意見)

ダブル洗顔のデメリットには、以下の項目が挙げられます。

  • 洗浄を2度行うことで、肌への負担が増す。
  • 過剰な洗い流しによって肌の皮脂が減り、皮脂膜バリアの力が弱まる。またそれにより保湿力も低下するため、乾燥肌の人には不向き。

皮脂腺から分泌される皮脂は、汗や皮膚常在菌と混ざり合うことで肌表面を覆い、皮脂膜バリアを形成します。皮脂膜バリアは細菌やアレルギー物質、化学物質から肌を守るとともに、表皮の水分蒸発を防いでくれる役割があります。皮脂膜バリアの力が弱まると、水分保湿力が落ちたり、乾燥肌になりやすくなります。

クレンジグ剤や洗顔料には、汚れを落とすために多くは界面活性剤を用いています。強い洗浄力のある洗顔料や過剰な洗顔は、これら皮脂を極端に減らしてしまい、肌を保護する機能の低下を招いてしまうこともあるのです。

ダブル洗顔が、乾燥肌や敏感肌に人には向かない理由はここにあります。

肌の状態には個人差がある

人によって皮脂の分泌が活発であったり、汗をかきやすい体質であったりと、肌の状態にはかなり個人差があります。皮脂分泌が弱い体質の場合では、乾燥肌に悩まされてしまうケースが増えます。アレルギー体質やアトピー素子を持っている場合には、湿疹やアトピー性皮膚炎などの肌トラブルを抱えることもあります。また、肌の厚みやハリ・弾力の違いなど、加齢によっても肌コンディションは変化します。

ダブル洗顔は必要! いや、ダブル洗顔は不要!

という論争があるように、ダブル洗顔についての是非が分かれてしまう理由には、人によって肌の状態に個人差があったり、年齢による影響が出ているためです。また、使用しているクレンジング剤・洗顔料との相性も考えられます。

顔

体質的に肌が敏感であったり、乾燥肌持ちの人にはダブル洗顔は控えた方がよいという意見はよく耳にします。

クレンジング剤や洗顔料は薬品なので、肌にとって刺激の強い成分も当然に含まれています。出来れば洗顔そのものの回数を減らし、肌への負担を極力減らしたいと考える意見に反対はありません。

メイクそのものを薄く仕上げる工夫

メイクそのものを薄く仕上げる工夫を行い、洗顔時に落とさなければならないメイク油分そのものを減らすのも効果的だと思います。

女性の方は働いている職場環境や身だしなみの一環として、メイクが求められる機会が多いので、メイクをすることはある程度避けられないことです。

少ないメイクで自分を仕立て上げられるメイク技術を磨いて、メイク落としの際の負担を減らしていくことも、結果的に肌にメイクを残さないための工夫に繋がっていくのではと思います。

ダブル洗顔が不要な洗顔料

洗顔料の中には、クレンジング+通常の洗顔の効果を見込めるダブル洗顔不要の洗顔料があります。

  • 2回も洗顔行為をするは面倒
  • 回数の多い洗顔は、肌への負担が気になる
  • 忙しくて時間をあまり掛けられない

こんな人には、ダブル洗顔不要の洗顔料がオススメです。

泡状のもの、ジェル状のものなどいろいろタイプはありますが、肌に優しい洗顔石鹸や、保湿に配慮したオリーブ油含有のものが人気が高い傾向にあります。

ダブル洗顔そのものが面倒という声も多く、こういったダブル洗顔不要の洗顔料は結構見かけます。洗顔料選びは、普段のメイクの濃さや化粧品との相性、自分の肌に合っているかなど、実際に使用してみなければ分からない部分があります。ダブル洗顔不要の洗顔料でも洗顔後にベタつきやつっぱりがなく、自然な使い心地を感じられてメイク汚れや皮脂汚れが綺麗に洗い取れる洗顔料に巡り合えるのが一番良いですね。

ダブル洗顔不要な洗顔料を探す
ボタン
ダブル洗顔不要な洗顔料を探す
ボタン
クレンジング (基本)
サムネ画像
ダブル洗顔は必要なの?不要なの?
管理人

めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

生活家電レビューとかもやってます。

お問い合わせ こちら
イメージ