クレンジングと洗顔の違いについて

洗顔料の中にはクレンジング要素を含んだ製品もありますが、油分を重点的に洗い落としたいのであれば、専用のクレンジング剤を購入する方が効果的です。

サムネ画像
目次
  • クレンジングとは
  • クレンジングと洗顔、それぞれの役割
  • ダブル洗顔 (2回に分けて行う洗顔)
案内

クレンジングとは

クレンジングとは、メイク(化粧品)を落とすための行為、またはその製品を指す言葉です。クレンジングを行う製品については、クレンジング剤とも呼ばれています。

メイク用の化粧品には、メイクそのものを落としにくくするために油分を含んだものが多くあります。油分は水を弾くため、通常の洗顔ではなかなか落ちません。そのためクレンジングという行為が必要になってくるのです。

クレンジングでは、専用のクレンジング剤を用いてこれら落ちにくい油分を集中的に洗い流していきます。特に、化粧下地や日焼け止めのような製品は、長時間皮膚に付着させることを目的としているため、多少の汗では落ちないように油分が多く含まれています。

クレンジング

クレンジングと洗顔

クレンジングも「洗顔」をする行為なので、広い意味では洗顔に含まれますが、通常の洗顔は主に水性の汚れを落とす行為、クレンジングは主に油性の汚れを落とす行為、というように区別している場合があります。

  • 通常の洗顔は、主に水性の汚れを落とす行為
  • クレンジングは、主に油性の汚れを落とす行為
クレンジングと洗顔

以下、「洗顔=水性の汚れを落とす行為」として話を進めていきたいと思います。

クレンジングと洗顔、それぞれの役割

クレンジングと洗顔の役割はそれぞれ異なります。

顔に付着した汚れを綺麗に洗い落とすための順序としては、まず初めにクレンジングで落としにくい油性のメイク汚れを集中的に落としてしまい、そのあとに洗顔料で通常の洗顔を行います。
(※ダブル洗顔と呼ばれる行為)

洗い落とす汚れ

クレンジング工程、洗顔工程では、それぞれ以下のような汚れを洗い落としていきます。

クレンジング メイクに含まれる油分、毛穴に詰まった皮脂汚れ、黒ずみなど
洗顔 通常の汚れ (汗、皮脂汚れ、古くなった角質、顔面に付着した埃など)

洗顔料の中にはクレンジング要素を含んだ製品もありますが、油分を重点的に洗い落としたいのであれば、専用のクレンジング剤を購入する方が効果的です。

ダブル洗顔 (2回に分けて行う洗顔)

ダブル洗顔とは、クレンジングでメイク汚れを落とした後、通常の洗顔料で洗顔を行うことをいいます。洗顔の過程でクレンジング剤洗顔料の異なる2種類を使い分けるために、ダブル洗顔と呼ばれています。

ダブル洗顔

メイクをする機会の少ない男性には馴染みがありませんが、日常的にメイクをしている女性の方は、ダブル洗顔によってしっかりと汚れを落とすことが望ましいとされます。

落としにくいメイク汚れをはじめに落としてしまうことで、その後の洗顔工程や、次の日へのメイク準備がスムーズに進みます。

洗顔

ダブル洗顔が面倒だと思う方も居ますが、私はしっかりとダブル洗顔を行った方が逆に効率的だと考えています。

メイクに含まれる油性の化粧剤は、通常の洗顔料を用いてもなかなか落ちません。頑張って落とそうとしても時間が掛かるばかりか、皮膚に強い刺激が加わって角質層にキズをつけてしまう恐れもあります。また、落とし切れなかった油性の汚れは毛穴を詰まらせ、ニキビや肌荒れといった肌トラブルの原因にもなりかねません。前日の化粧汚れが残っていることで、翌日の化粧ノリにも影響が出てきてしまいます。

また、クレンジング剤で皮膚に付着した油分をしっかり落とすことは、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を手助けすることにも繋がります。皮膚の一番外側にある角質層は、新陳代謝サイクルによって日々新しい角質細胞に下から押し上げられています。古くなった角質は垢(アカ)となって自然にはがれ落ちますが、皮膚に油分や皮脂汚れが残ったままだと、古い角質がはがれ落ちるのを邪魔してしまいます。

賛否両論

ダブル洗顔については、肯定派と否定派の意見があり、よく議論になったりします。ダブル洗顔は必要なのか?については、下記リンクで紹介しているので、興味がありましたらこちらも読んでみてください。

クレンジング (基本)
サムネ画像
クレンジングと洗顔の違いについて
管理人

めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

生活家電レビューとかもやってます。

お問い合わせ こちら
イメージ