美肌を保つ、正しいクレンジングの方法

クレンジング剤にはメイク油分を落とす役割がありますが、皮脂などの油分と混ざり合うことでその洗浄力が徐々に落ちていきます。はじめに皮脂分泌が一番多いTゾーンからクレンジング剤を馴染ませていきましょう。

サムネ画像
目次
  • はじめに
  • 正しいクレンジングの手順
  • クレンジング方法のポイント (種類別)
案内

はじめに

クレンジングとは、メイク(化粧品)を落とすための行為をいいます。クレンジングと洗顔を別のものとして考えるのが主流になっており、混同したままだと余計な誤解や混乱を招いてしまう恐れがあるので、知らない方は下記リンクも読んでみてください。

正しいクレンジングの手順

正しいクレンジング方法を理解しておくことは、余計な肌トラブルを防止するとともに、美肌を保つための秘訣にもなります。間違ったクレンジングは美肌の大敵なので、きちんと確認しておきましょう。

準備編

手を石鹸などで清潔にしておく
普段いろいろな場所に触れる手には、様々な雑菌が付いています。肌にも細菌は住んでいますが、こういった雑菌は肌の細菌バランスを乱したり、肌荒れやニキビの原因になったりもしてしまいます。クレンジングに限らず、顔を洗顔する場合には手を清潔にしてから行うようにしましょう。

クレンジング剤と水が混ざらないように、手や顔の水分は拭き取っておく
手洗いによって手を清潔にしたあとは、手に残った水分をしっかり拭き取ってください。顔が濡れている場合もタオル等で拭き取った方が良いです。クレンジング剤に水が混ざると、洗浄剤の濃度が下がってクレンジング効果が薄まってしまう恐れがあります。
(※風呂場での使用など、ぬれた手で使えるタイプもあります)

手

実践編

メイク部分にクレンジング剤をじっくり馴染ませてから洗い落とすこと
クレンジング剤には油分を浮き上がらせてくれる働きがありますが、焦らずメイクにじっくり馴染ませるようにしましょう。特にクリーム系やミルク系の洗浄力が比較的弱いクレンジング剤の場合、メイクと馴染むまでに少し時間が掛かります。急いでいたり、面倒な気持ちでクレンジングを行うと、どうしても動作が速くなってしまいがちなので注意が必要です。

アイメイクや眉、口紅など、メイクの濃い部分から落とす
アイメイクや眉、口紅など、メイクの濃い部分はベースメイクに比べて油分量が高く、クレンジング剤を多く必要とします。面倒だからといって一気に顔全体をクレンジングしても、メイクの濃い部分と薄い部分で洗い落としのムラが発生してしまいます。落としムラができてしまうと、結局もう一度クレンジングをやり直すことなるので、初めから分けてクレンジングした方がよいのです。コットンにクレンジング剤やアイメイク専用のリムーバーを含ませて使うと、落とすのが楽になります。

アイメイク

皮脂分泌が一番多いTゾーンから
クレンジング剤にはメイク油分を落とす役割がありますが、皮脂などの油分と混ざり合うことでその洗浄力が徐々に落ちていきます。皮脂分泌が多い部分から順に洗浄していくことで、クレンジング剤の効果が高い状態で頑固な油分を洗い流すことができるようになります。おでこや鼻の頭といった部分は皮脂腺が集中しており、皮脂分泌が活発です。はじめに皮脂分泌が一番多いTゾーンからクレンジング剤を馴染ませていきましょう。

Tゾーン

次にUゾーンへ
Tゾーンの次はフェイスラインとなるUゾーンです。あごから耳の付け根辺りまでがその範囲となるので、あごの中心から弧を描くようにゆっくりとクレンジング剤を馴染ませます。

Uゾーン

頬や鼻の周り、唇の周りなど残った部分へ
最後にデリケートな頬や鼻の周り、唇の周りなどにクレンジング剤を馴染ませます。刺激に敏感な部分なのでやさしく馴染ませていきましょう。

頬、鼻、唇

ぬるま湯を使って洗い流す (30℃前後)
クレンジング剤がメイクに馴染んだら、ぬるま湯で洗い流していきます。クレンジング剤によってメイク油分が浮き上がっている状態なので、必要以上に力を加えて肌をゴシゴシこする必要はありません。さっと洗い流してしまいましょう。

洗い流す

ダブル洗顔を行う場合
クレンジングでメイク油分を十分洗い流せたら、一度顔の水分をきれいに拭き取って通常の洗顔に移行します。

その他ポイント

洗浄力の強いタイプは、あまり時間を掛けずに効率よくクレンジングする習慣を
クレンジング剤には油分を落とすため、界面活性剤などの薬品が多く含まれています。基本的にクレンジングのメイク落とし効果は、薬品の強さに比例して高くなります。洗浄力については、オイル系やリキッド系(液体)が強い傾向にあります。逆にクリーム系やミルク系は洗浄力がそこまでキツくないので、メイク部分にゆっくりとクレンジング剤を馴染ませてください。

クレンジングリキッド 矢印

その日のメイクは、その日のうちに落としてしまう
私たちが夜に睡眠を取っている時間には、お肌では新陳代謝(ターンオーバー)が活発に行われています。メイクには油分が多く含まれており、油分が毛穴に詰まった状態だとニキビなどの原因になります。また、新陳代謝が阻害されて肌の老化に繋がる危険性もあります。また前日のメイクが残っていると、翌朝の化粧ノリにも影響が出てきます。悪い影響はあっても、良い影響はないので、眠くても必ず落とすように心掛けましょう。

分量をケチらないこと
基本的に油分はクレンジング剤によって落ちるので、クレンジング剤の消費を抑えるために一回の分量を減らしても、減らした分だけ効果が落ちるのであまり意味がありません。それよりもメイクの落とし忘れ、落としムラの原因になってしまい、かえって良くありません。

イラスト

温めたタオルで毛穴を開かせておくと、クレンジング効果が高まる
毛穴の皮脂汚れや黒ずみは、クレンジングの際に毛穴を開かせておくことでクレンジング剤が奥まで浸透し、毛穴の隅々まで綺麗に洗い流しやすくなります。美容院でも使われてる蒸しタオルを自宅で作る方法は、家庭用レンジ(500WとかでOK)に水分を含ませたタオルを入れ、1分ほど温めるだけで簡単に作ることができます。

電子レンジ

クレンジング方法のポイント (種類別)

クレンジング剤の種類に応じて、クレンジングのポイントをまとめてみました。

オイル系

  • 洗浄力が強いので、あまり時間を掛けずにさっとクレンジングを行いましょう。
  • お風呂場など、手が濡れていても使用できるタイプもあります。 (※各商品の説明書きを参照)
  • クレンジング後に角質の汚れ、毛穴の汚れが気になる場合は、普通の洗顔料でW洗顔を行うのも良いです。

リキッド、ローション系

  • 洗浄力が強いので、あまり時間を掛けずにさっとクレンジングを行いましょう。
  • お風呂場など、手が濡れていても使用できるタイプもあります。 (※各商品の説明書きを参照)
  • ポイントメイクなどメイクの濃い部分は、コットンに含ませて使用すると良いです。
  • ウォーターベースなので目に入らないよう特に注意してください。

ジェル系

  • ジェル状のクレンジング剤を、顔全体をマッサージするように馴染ませていきます。
  • 湿気や水分が多いと、ジェルの浸透力が落ちる場合があるので注意が必要です。

クリーム系

  • 洗浄力は比較的弱いので、メイク部分にゆっくりクレンジング剤を馴染ませていきます。
  • 肌に優しいタイプなので、時間を掛けてマッサージを行いながらクレンジングもできます。
  • クリームが固くなっている場合、手の中で少し温めてから使用するようにしましょう。

ミルク系

  • 洗浄力は比較的弱いので、メイク部分にゆっくりクレンジング剤を馴染ませていきます。
  • 肌に優しいタイプなので、時間を掛けてマッサージを行いながらクレンジングもできます。
  • 濃い目のメイクが好きで、クレンジングミルクではポイントメイクが落ちにくい場合、洗浄力の強いオイル系やリキッド系と併用するか、切り替えた方が良いかもしれません。

バーム系

  • 半固形状のクレンジングバームは、手や肌の温もりによってクリーム状に変化していく特徴があります。顔全体に伸ばしにくい場合は、あらかじめ手の中で温めてから塗ると良いです。
  • クリーム状の優しい肌触りなので、マッサージするように馴染ませていきましょう。

シート系

  • シートを肌に乱暴に擦り付けないように注意しましょう。時間がない人、手軽にメイクを落としたい人向けですが、早くクレンジングを終わらせたい気持ちでいると手荒になりがちです。
  • 何度も同じ個所をゴシゴシ拭いて肌に負担を掛けないように。落ちにくくなったら新しいシートに交換しましょう。
  • 洗浄力が強いので、使用後は洗顔(水洗いでOK)をするのが望ましいです。
クレンジング (基本)
サムネ画像
美肌を保つ、正しいクレンジングの方法
管理人

めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

生活家電レビューとかもやってます。

お問い合わせ こちら
イメージ