クレンジング剤の種類や特徴について

クレンジング剤には、肌の個人差や使い心地に配慮した様々なタイプがあります。一般にオイル系やリキッド系は洗浄力が高く、クリーム系やミルク系は肌への負担が少ない傾向があります。

サムネ画像
目次
  • はじめに
  • クレンジング剤の種類
案内

はじめに

クレンジングとは、メイク(化粧品)を落とすための行為をいいます。クレンジングと洗顔を別のものとして考えるのが主流になっており、混同したままだと余計な誤解や混乱を招いてしまう恐れがあるので、知らない方は下記リンクも読んでみてください。

クレンジングの目的

クレンジングの目的はメイクを落とすことにあります。メイクには肌への密着力を高めるために油分が含まれており、通常の洗顔料ではこの油分を十分に落とし切れません。クレンジング剤には界面活性剤などの油分を落とす薬品が多く含まれており、効果的にメイク油分を落とすことができます。また、クレンジング剤は、水や汗、涙などに強く落ちにくいウォータープルーフ・マスカラなどの化粧品に対しても、高い洗浄効果を見込めるのが魅力です。

クレンジングはメイクをする女性には欠かすことのできないものです。一般にクレンジング剤は洗浄力に優れる反面、刺激の強い成分を含んでいる製品もあるため、その日のメイクの濃さによって、クレンジング剤の分量調節や使い分けを行うようにしましょう。

クレンジング

クレンジング剤の種類

クレンジング剤には、肌の個人差や使い心地に配慮した様々なタイプがあります。一般にオイル系やリキッド系は洗浄力が高く、クリーム系やミルク系は肌への負担が少ない傾向があります。普段メイクをする機会が多く、また濃い目のメイクをしているという方は、洗浄力の高いオイル系やリキッド系を選ぶのが良いでしょう。

敏感肌であったり、オイル系やリキッド系では肌への刺激が強すぎるという方には、クリーム系やミルク系などの比較的肌に優しいタイプのクレンジング剤がおすすめです。

アドバイザー

オイル系

クレンジングオイルの特徴は、肌への馴染みやすさと高い洗浄力にあります。洗い落とし後もさっぱりしており、メイク落としを効果的に行いたい人にはクレンジングオイルが一番です。その反面、肌への刺激が強い傾向にあり、敏感肌や使用後の乾燥肌には注意が必要です。できるだけ短時間で素早くクレンジングし、肌への負担を減らしましょう。

クレンジングオイル(検索)
クレンジングオイル(検索)
ボタン
ボタン

リキッド、ローション系

クレンジングリキッドは、水分を多く含んでいるのが特徴です。水クレンジングとも呼ばれているように、オイルとは異なりサラサラとした質感があります。界面活性剤により洗浄力を高めており、メイク落ち効果もバツグンです。コットンに含ませて手軽にさっと拭き取ることができ、クレンジング後の洗顔(ダブル洗顔)が不要なタイプは、急ぎの用事や出先など、場所を選ばず手軽にメイク落としができます。

コットン

リキッドとローションの違について

クレンジングリキッドは「液体」で水と洗浄剤を主成分としているのに対し、ローションには「乳液状」と「液体」のものがあります。両者にあまり境界線はなく、クレンジングリキッド、クレンジングローションどちらも分類的には近い存在になります。

クレンジングリキッド(検索)
クレンジングリキッド(検索)
ボタン
ボタン
クレンジングローション(検索)
クレンジングローション(検索)
ボタン
ボタン

ジェル系

クレンジングリキッドよりも弾力性や粘性に富むのがクレンジングジェルの特徴です。成分自体はクレンジングリキッドやクレンジングローションに近い。ジェル特有のぷるぷるとした弾性が肌への摩擦を緩和し、マッサージするかのような感覚でメイク落としができます。洗い落とし後もさっぱりとしていて気持ちがいいです。

クレンジングジェル(検索)
クレンジングジェル(検索)
ボタン
ボタン

クリーム系

クレンジングクリームは、オイル系やリキッド系に比べて肌への刺激や負担が少なく、優しい仕上がりになる特徴があります。保湿力も高く肌質によって人を選ばないため、敏感肌や乾燥肌の方にもオススメです。手のひらでクリームを温め、ゆっくりとメイクに馴染ませてながら、時間を掛けてクレンジングしていきます。

クレンジングクリーム(検索)
クレンジングクリーム(検索)
ボタン
ボタン

ミルク系

クレンジングミルクの特徴は、肌に優しいという点でクレンジングクリームに近いといえます。クレンジングクリームよりも水分が多く、使い心地がさっぱりとしています。肌に優しい分、洗浄力はそこまで高くないので、薄めに仕上げるナチュラルメイクを好む方にはクレンジングミルクが丁度良いかもしれません。

クレンジングミルク(検索)
クレンジングミルク(検索)
ボタン
ボタン

バーム系

バームとは、半固形状のクリームのようなもので、質感は軟膏(なんこう)に近いといえます。肌に馴染ませていく過程でとろけてクリーム状になる特徴があります。オイル系のメイク落ちと、クリーム系の優しさを併せ持つ。そのため、メイク落としから保湿マッサージまでいろいろな効果を期待できる優れものです。クレンジングバームを使ってみたら、あまりの使い心地の良さに感動したという声もよく耳にします。

クレンジングバーム(検索)
クレンジングバーム(検索)
ボタン
ボタン

シート系

場所を選ばずにどこでも手軽にメイク落としができるのが、クレンジングシートの最大の特徴です。旅行には必須のアイテム。メイクの落とし忘れやポイントメイクを落とすのにも効果的。手軽だからといってあまりゴシゴシ使いすぎると、摩擦による肌への刺激や負担が増すので注意してください。

クレンジングシート(検索)
クレンジングシート(検索)
ボタン
ボタン

単純に「クレンジング剤」といっても、これだけ豊富な種類があることが分かりますね。洗浄力やテクスチャ(肌触り)、メイクの厚さなど、自分の使いたいシーンに合わせて色々試してみるのも面白くていいと思います!

クレンジング剤を探す
ボタン
クレンジング剤を探す
ボタン
クレンジング (基本)
サムネ画像
クレンジング剤の種類や特徴について
管理人

めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

生活家電レビューとかもやってます。

お問い合わせ こちら
イメージ