化粧品と基礎化粧品の違い

基礎化粧品は、お肌の汚れを洗い流して清潔にしたり、潤いや保湿を与えてお肌をすこやかに保つことを目的としています。いわゆるスキンケア化粧品と呼ばれるものです。

サムネ画像
目次
  • 法律における化粧品の位置付け
  • 化粧品と基礎化粧品
  • 基礎化粧品の役割
  • 基礎化粧品の種類
  • 化粧品と基礎化粧品の違い まとめ
案内

法律における化粧品の位置付け

化粧品は、医薬品医療機器等法(旧薬事法)という法律によってその規定が定められています。かつては薬事法と呼ばれていた法律です。

薬事法の改正

私たちも一度は耳にしたことのある「薬事法」と呼ばれる法律は、2013年11月27日に医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律という名称に改正されています。
(施行は2014年11月25日)

薬事法 名称を医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律とする。
(略称 医薬品医療機器等法、薬機法)
2013年11月27日に改正。(2014年11月25日 施行)

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律はその名称が長いため、医薬品医療機器等法薬機法などとも略されます。

医薬品、医学部外品、化粧品

化粧品を選んでいると、医薬部外品といった説明書きのある化粧品を目にすることがあるかと思います。医薬品医療機器等法(旧薬事法)では、人間または動物が使用する薬について、医薬品医学部外品化粧品という分類に分けられています。

医薬品医療機器等法(旧薬事法)によれば、化粧品は以下のように定められています。

人の身体や肌、皮膚、毛髪等を清潔にしたり、健やかに保つために使用するもの(基礎化粧品)。肌を美しく見せたり、魅了するために使用するもの(メークアップ化粧品)。これらの使用を目的とし、人体に対する作用が緩和なもの。 (ただし医薬品、医薬部外品を除く)

化粧品は医薬品や医薬部外品と違って、治療や予防といった具体的な効果を謳ってはいけません。化粧品は薬用効果に乏しいため、「肌荒れに効果がある」「ニキビが治る」といった表現はしてはいけないのです。

また、化粧品に使われている全成分を表示しなければならない義務付けがあります。

薬用化粧品

ちなみに薬用化粧品と呼ばれるものは、医薬部外品に属しています。薬用化粧品と化粧品との違いについてですが、薬用化粧品には厚生労働省で認められた「有効成分」が含まれており、人体への効果・効能が化粧品よりも強いという特徴があります。また、化粧品が全成分表示を義務付けられているのに対し、薬用化粧品は「有効成分」の表示については義務付けしていますが、その他の成分に関しては今のところ表示義務はありません。

化粧品と基礎化粧品

ひと言に「化粧品」といっても、その使用目的が異なったり、その化粧品が日本の法律上どういった分類に属するのか等によって、いくつかの種類に分けることができます。「化粧品」はそれら細かく分類されるカテゴリーの総称なので、これから説明する基礎化粧品も、広義では化粧品に含まれます。

使用目的による分類

化粧品は、その使用目的に応じて基礎化粧品メイクアップ化粧品に分類することができます。

化粧品

基礎化粧品

基礎化粧品は、お肌の汚れを洗い流して清潔にしたり、潤いや保湿を与えてお肌をすこやかに保つことを目的としています。いわゆるスキンケア化粧品と呼ばれるものです。

基礎化粧品にはクレンジング、洗顔料、化粧水、美容液などがあります。クレンジングや洗顔料は、お肌の汚れを洗い流して清潔にする基礎化粧品です。化粧水や美容液は、潤いや保湿を与えてお肌をすこやかに保つ基礎化粧品になります。

基礎化粧品

メイクアップ化粧品

「化粧をする」と言うと、メイクアップの方を想像するかと思います。メイクアップ化粧品は、しわやシミ、肌荒れ部分などを隠したり、目元や唇に色を与えて視覚的に美しく魅せることなどを目的としています。20代など若い年齢ではより美しさを強調し、40代以降では主にしわやシミを目立ちにくくさせるためにメイクアップを行うなど、年齢によってもメイクアップ化粧品の目的とするところが変化していきます。

メイクアップ化粧品には化粧下地、ファンデーション、アイシャドウ、口紅などがあります。化粧下地はメイクアップの最初に行う下準備のようなもので、ファンデーションや口紅などの化粧ノリを良くすることを目的としています。ファンデーションは、しわやシミ、黒ずみなどを覆い隠して目立たなくさせたり、肌の色を均一に整える目的で使用します。アイシャドウや口紅などのポイントメイクは、目元や唇を魅力的に強調させたり、立体感や奥行きを持たせる視覚効果もあります。

メイクアップ化粧品

基礎化粧品の役割

お肌の汚れを洗い流して清潔にしたり、潤いや保湿を与えてお肌をすこやかに保つことを目的としている基礎化粧品は、その日のメイクを綺麗に落としてお肌のリセットをし、翌日の化粧ノリを良くするために欠かせないものです。

メイクアップ化粧品には、汗や水分でメイクが出来るだけ落ちないよう油分を多く含んだものが多いです。特に目元のアイメイクには、ウォータープルーフマスカラといった水分耐性の強い化粧品が用いられています。肌に付着したメイク油分は毛穴を塞いでしまうため、当日のメイク落としを行わないで寝てしまったりすると、塞がれた毛穴が角栓を形成し、そこにアクネ菌や雑菌が繁殖してしまうことでニキビや肌荒れといった肌トラブルを引き起こしてしまう原因となります。

基礎化粧品でお肌をリセット ⇒ メイクアップ ⇒ 基礎化粧品でお肌をリセット ⇒ ・・・

毎日メイクを行っている人にとっては、このサイクルを守ることがとても大切になってきます。

また、基礎化粧品にはクレンジングや洗顔料のようにメイクを洗浄してお肌のリセットを行う製品のほか、化粧水や美容液といった肌に潤いや保湿、美容成分などを与える目的の製品もあります。

クレンジング

基礎化粧品の種類

基礎化粧品の種類には、以下のようなものがあります。

  • クレンジング
  • 洗顔料
  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液
  • クリーム

化粧品と基礎化粧品の違い まとめ

化粧品と基礎化粧品の違いについてまとめました。

  • 化粧品は、その使用目的によって基礎化粧品メイクアップ化粧品に分類される。
  • 基礎化粧品やメイクアップ化粧品を総称して化粧品と呼んでいる。

ただ、一般に「化粧品」というとメイクアップ化粧品の方をイメージする方が多いように思います。そのため、「基礎化粧品って何?」、「化粧品と基礎化粧品の違いは?」と疑問に思う方が多いのではないでしょうか。

基礎化粧品
サムネ画像
化粧品と基礎化粧品の違い
お役立ち情報
管理人

めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

生活家電レビューとかもやってます。

お問い合わせ こちら
イメージ