乾燥肌には、いくつかの種類があります (乾燥肌の原因)

乾燥肌と呼ばれる症状は、細分するといくつかの症状に分けられます。気候要因、生活要因、ストレス要因、年齢によるものなど、その原因も様々です。

サムネ画像
目次
  • 乾燥肌の症状 (例)
  • 乾燥肌とは?
  • 乾燥肌の種類や主な原因
  • 乾燥肌の予防や対策方法
案内

乾燥肌の症状 (例)

乾燥肌と呼ばれる症状については、具体的に以下のような症状が挙げられます。

  • 肌がカサカサする。
  • 肌にヒビ割れや部分的なシワがある。
  • 肌が痒(かゆ)い。
  • 肌がピリピリと痛んだり、衣類がチクチクして不快感を覚える。
  • 皮膚から白い粉のようなものが吹き出ている。

乾燥肌と呼ばれる症状は、肌表面(角質層)の水分量や皮脂分泌量が減少し、肌の保湿機能バリア機能が低下している状態です。乾燥肌になると肌のカサつきやヒビ割れのほか、痒みやピリピリとした痛み、衣類がチクチクするなどの症状を併発する場合があります。このように乾燥によって肌が外部刺激に対して敏感に反応する状態のことを、乾燥性敏感肌と呼んでいます。

痛み

乾燥肌とは?

乾燥肌とは、肌表面(角質層)の水分量や皮脂分泌量が減少することにより、肌の保湿機能バリア機能が低下している状態です。乾燥肌は、これら保湿機能やバリア機能の低下によるほか、冬に空気が乾燥することで皮膚の水分が奪われて乾燥する気候要因なども関係しています。

皮脂分泌量の減少

皮膚内部には皮脂腺と呼ばれる皮脂を分泌する場所があり、皮脂が分泌されて肌表面に皮脂膜とよばれる膜を形成します。

皮脂膜

皮脂膜はいわば私たちが本来持っている肌のバリア機能と呼べるものです。

  • 細菌やアレルギー物質など、外部からの脅威に対して肌を守る
  • 肌内部の水分が蒸発するのを防ぎ、保湿効果を高める
  • 肌表面に加わる刺激や圧力を緩和し、角質層が剥がれるのを防ぐ

皮脂膜には上記のような役割があります。皮脂膜の形成には皮脂腺から分泌される皮脂のほか、汗腺から出る汗や角質層に溜まった垢(アカ)、皮膚常在菌と呼ばれる皮膚に棲息している菌などの働きによって形成されています。

細菌

洗顔・手洗いのバランスが難しい

よく、肌を清潔にし過ぎるのも良くないという声を聞くかと思いますが、その理由は過剰に肌を清潔にしてしまうことでこれら皮膚常在菌が減少してしまい、常在菌の棲息バランスが崩れてしまうからです。皮膚常在菌は私たちの皮膚を守ってくれる大切なパートナーなので、過剰な洗浄や殺菌によって死滅させるのは良くありません。

かといって、お肌や毛穴を不衛生な状態にしておくと、皮脂を好物とするアクネ菌など常在菌の増殖を促してしまい、ニキビや吹き出物などの肌トラブルを引き起こしてしまう原因にもなってしまいます。手洗いや洗顔は皮膚の衛生を保つ上で必要なことですが、あまり過剰になりすぎないように気を付けましょう。

手荒い

乾燥肌の種類や主な原因

乾燥肌と呼ばれる症状は、細分するといくつかの症状に分けられます。気候要因、生活要因、ストレス要因、年齢によるものなど、その原因も様々です。ここでは乾燥肌の種類や、それを引き起こす主な原因について紹介したいと思います。

肌

乾皮症(皮脂欠乏症)

皮脂や汗の分泌量が減少することで皮脂膜の形成が阻害され、皮膚の乾燥が引き起こされます。皮膚がカサカサになるほか、白い粉のようなものが吹き出たり、症状の悪化によっては肌にヒビ割れが起こったり、肌表面に鱗(うろこ)のような鱗屑(りんせつ)を生じることがあります。乾皮症は、痒(かゆ)みを伴うことが多いため、ついつい掻きむしってしまいたくなります。掻きむしることで湿疹になったり、刺激によって角質が厚くなり慢性化することもあります。

子供や高齢者に多い

乾皮症は皮脂分泌の低下を要因としています。皮脂分泌はアンドロゲンと呼ばれる男性ホルモンが関係していますが、子供の場合、このアンドロゲンによる皮脂分泌作用が弱く、皮脂不足による乾燥を引き起こすとされます。高齢者の場合、加齢によってアンドロゲンによる皮脂分泌作用が衰えることで乾皮症になりやすいとされます。

子供

乾燥性敏感肌

乾燥によるカサつきとともに、痒みやピリピリとした痛み、衣類との摩擦でチクチクする感覚など、肌が外部刺激に対して敏感になっている状態をいいます。乾燥肌でよく起こりやすいのはこの症状で、肌表面(角質層)の潤いや水分量が低下し、外部刺激に対する肌のバリア機能が阻害されているために、刺激や痛みを感じやすい敏感肌になっているのです。

生活環境や肌ストレスなどにより、保湿力が低下している状態

乾燥性敏感肌を引き起こす原因は様々あります。気候でいえば、日本の冬は太平洋側の空気が乾燥しやすく、それによって肌の水分蒸発が起こりやすい環境が生まれます。また、暖房エアコンを使用することでも室内空気が乾燥してしまいます。冬場に乾燥肌や乾燥性敏感肌を発症しやすいのは、これらの環境要因によるためです。また、先述のように過剰な洗顔やボディケアによって、肌表面の皮脂や角質層が薄くなり、肌のバリア機能が低下してしまうことでも引き起こされます。そのほか、睡眠不足やストレスによってホルモンバランスが乱れたり、無理なダイエットによる栄養不足によっても、肌から潤いや保湿力が奪われていきます。

手首

加齢性乾燥肌(老人性乾燥肌)

年齢を重ねることで起こる弊害。保湿に必要な皮脂分泌量が減少したり、肌の弾力や潤いを保っている角質細胞間脂質が減少することにより、肌の乾燥保湿力の低下が引き起こされます。そのほか、加齢による影響は、肌の新陳代謝サイクルが遅れたり、シワやたるみなどの肌トラブルを発生させる原因にもなります。

加齢による生理現象

加齢性乾燥肌(老人性乾燥肌)は加齢による生理現象なので仕方がないことですが、肌の新陳代謝を高めたり、保湿に心掛けることで、肌年齢を実年齢よりも若くさせることができます。

乾燥肌の予防や対策方法

乾燥肌はどう対策すればいいのか? 乾燥肌の予防や対策方法については、下記リンク先にまとめています。

乾燥肌と保湿 (基本)
サムネ画像
乾燥肌には、いくつかの種類があります (乾燥肌の原因)
乾燥肌対策・保湿力アップ
脂性肌
管理人

めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

生活家電レビューとかもやってます。

お問い合わせ こちら
イメージ