脱毛・ムダ毛処理しておきたい箇所をチェック! (女子編)

女子が気に掛けておくべき、ムダ毛処理の箇所をチェック。最低限ケアしておきたいムダ毛箇所から、うっかりケアし忘れたことで慌ててしまう箇所など。

サムネ画像
目次
  • 面倒だけど、ムダ毛処理はちゃんと行おう
  • ムダ毛が目立ちやすい箇所
  • いざという時に困る箇所
  • お手入れしておくと好感度アップの箇所
案内

面倒だけど、ムダ毛処理はちゃんと行おう

女性にとってムダ毛処理は至上命題であり、女性としての魅力を維持するために欠かせない行為です。

「何でムダ毛を気にする文化が根付いてしまったんだろう」「何で女性も男性もムダ毛がなくならないんだろう」と疑問に思うのは非常によく分かりますが、現代の女性に生まれてしまった以上は、身だしなみの一つとして割り切ってしまった方が賢明かもしれません。

面倒だけど、ムダ毛処理はちゃんと行おう!

女性

ムダ毛が目立ちやすい箇所

ここは譲れない! 最低限ケアしておきたいムダ毛箇所。

  • 顔のうぶ毛、口の周りのうぶ毛
  • 脇の下

顔のうぶ毛、口の周りのうぶ毛

顔のうぶ毛は、実は一番大切なムダ毛処理の箇所かもしれません。相手とコミュニケーションを取る際には、必ずお互いの顔を合わせますよね。また、あなたが好きな男性と話すときは、顔を見て話したいと思いますよね? それと同じで、相手の男性もあなたの顔をチェックしています。あなたに好意的な男性であれば、あなたの顔をじっと見つめていたいはずです。

そんな時に顔のうぶ毛が生えていると、とても目立ちます。特に口の周りのうぶ毛が気になった経験はあると思います。小学生の頃は、女子でも口周りのうぶ毛が目立つ子が必ずクラスに居ました。

女性

脇の下

女子であれば脇の下も必ず剃っておきましょう。ノースリーブ着てると脇の下が簡単に見えてしまうので、電車内などは注意です。脇の下が見えない洋服を着ている時でも、外では何が起こるか分からないので警戒を怠らないように! 毛抜きで抜くのもいいですが、時間が掛かるし痛みもあるので、私はシェーバーで剃る派です。

脚のムダ毛も常に剃っておきたいですよね。超面倒だけど! 特に若い頃は欠かさずにケアしておきたいです。夏はこまめに、冬は露出が減るので少しサボってもいいと思います。社会人になってお金に余裕が生まれたら、医療レーザー脱毛で永久脱毛する手もあります。

いざという時に困る箇所

やっときゃ良かった。。 いざという時に困る箇所。

  • ビキニライン(VIOライン)
  • アンダーヘア
  • 背中の毛

はい、男性に裸を見られる時ですね。毛の量が少ない体質の人なら大丈夫ですが、ビキニライン(VIOライン)やアンダーヘアが剛毛だと、男性は引いてしまうことがあります。特にアンダーヘアの放置はマズいかも。

背中の毛はキャミソールや水着を着なければ目立ちませんが、手が届かないのでついつい忘れがちになる箇所です。

カップル

お手入れしておくと好感度アップの箇所

人によってはやらなくてもいい箇所。やっておくと好感度アップの箇所。

  • 指先
  • 眉毛

女性で腕が剛毛になる人はほとんど居ないと思いますが、うぶ毛が気になる人は綺麗にしておくと魅力が上がりますよ。指先や眉毛も同じです。

ムダ毛処理は気になり出したらキリがないですよね。私もシェーバーやら家庭用脱毛器やらを駆使していますが、最低限ケアしておくべき箇所以外はやったりやらなかったり。体毛がそこまで濃い方ではないので、腕とか背中は忘れることがあります(笑)。てか、背中はエステサロンに行かないと無理だ。

脱毛器を探す
ボタン
脱毛器を探す
ボタン
脱毛器の選び方 (家庭用)
お役立ち情報
サムネ画像
脱毛・ムダ毛処理しておきたい箇所をチェック! (女子編)
脱毛と除毛の違い
脱毛は毛を根元から除去するもの。除毛は毛を剃るもの。(シェーバーなど)
フラッシュ式(光脱毛器)とレーザー式の違い
フラッシュ式よりもレーザー式の方がエネルギーが密集しており強力。毛根にピンポイント照射できる反面、痛みも大きい傾向あり。永久脱毛できるのは医療レーザー式で、家庭用レーザー式では出力制限がある。(法律の関係)
管理人

めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

生活家電レビューとかもやってます。

お問い合わせ こちら
イメージ