色々な脱毛方法と、それぞれのメリット・デメリット

ムダ毛処理の方法を色々まとめました! 脱毛初心者の方は参考にしてみてください。

サムネ画像
目次
  • 1. シェーバーで除毛
  • 2. 脱毛器で毛を毛根から引き抜く
  • 3. フラッシュ(光)脱毛器で毛根を弱らせる
  • 4. 医療レーザー脱毛器で毛根細胞を死滅させる
  • 5. 除毛クリームを塗る
案内

1. シェーバーで除毛

カミソリや除毛器(シェーバー)で除毛します。カミソリは肌表面を薄く削っているようなイメージなので、肌が赤く炎症したり毛穴にブツブツができてしまうことがあります。(カミソリ負け)

除毛器(検索)
除毛器(検索)
ボタン
ボタン

除毛(シェービング)する場合には、電動シェーバーを使うのがオススメです。

メリット
  • 脱毛器のように毛根を抜いたりエネルギー照射を行うこともないので、肌への負担は小さい。(電動シェーバー)
  • 基本的に痛くない。
デメリット
  • すぐに埋没毛が生えてきてしまうので、肌がブツブツになる。
  • 剃り残しにムラがあるので、肌がチクチクする。
  • 剃った後も手入れを細目に行わなければならない。(アフターケアが面倒)
  • 永久脱毛効果はない。(当たり前ですが)

2. 脱毛器で毛を毛根から引き抜く

脱毛器を用い、ムダ毛を毛根ごと引き抜く。

脱毛器(検索)
脱毛器(検索)
ボタン
ボタン

巻き込みローラーにムダ毛を絡ませて引き抜きます。痛みが気になる人は、泡脱毛で痛みを和らげましょう。

メリット
  • 毛根ごと引き抜くので、埋没毛が発生しにくい。(黒いブツブツができにくい)
  • 毛根ごと引き抜くので、アフターケアが楽。(毛の成長するスパンに余裕が生まれる)
デメリット
  • 特有の痛みがある。(慣れる場合が多い)
  • 脱毛処理に時間が掛かる。
  • 永久脱毛効果はない。毛根を抜いても、皮膚下にある毛の細胞は生きています。

3. フラッシュ(光)脱毛器で毛根を弱らせる

エステサロンにある光脱毛器(IPL脱毛)や、家庭用光脱毛器を用いて脱毛します。

フラッシュ脱毛(検索)
フラッシュ脱毛(検索)
ボタン
ボタン

フラッシュ(光)脱毛器は、光エネルギーを毛根に照射することで毛根を弱らせて脱毛します。1週間や2週間おきなど、定期的に毛根に光エネルギーの照射を行います。すぐには効果が現れませんが、するすると毛が抜け落ちるように脱毛されます。「毛が薄くなった」「毛の生える周期が遅くなった」などの声もあり。

メリット
  • 毛根に直接作用するので、埋没毛が発生しにくい。(黒いブツブツができにくい)
  • 毛穴のブツブツができにくく、また肌表面への剃り傷なども起こらないため、肌がツルツルになる。
  • 毛の生える周期が遅くなるなど、アフターケアが楽。
デメリット
  • 特有の痛みがある。慣れる場合が多いが、男性のヒゲなど密集している部分への照射は強い痛みを伴う。(氷や冷水などでアイシングしながら行うのが推奨される)
  • 永久脱毛効果はないと思われる。光エネルギーには出力制限が設けられているので、皮膚下にある毛の細胞は生きています。

エステサロンや家庭用光脱毛器、家庭用レーザー脱毛器にはおそらく出力制限があります。

4. 医療レーザー脱毛器で毛根細胞を死滅させる

国の認可を受けた医療機関で、医療レーザー脱毛を行います。医療レーザー脱毛器の出力は毛根細胞を死滅させるほど強力なので、永久脱毛の期待が持てます。

メリット
  • 永久脱毛効果に期待できる。
デメリット
  • 痛い。(強力なレーザー光線なので)
  • 費用がかなり掛かる。(部位にもよるが10万円以上~)
医療サービス

5. 除毛クリームを塗る

薬品の力を借りてムダ毛を除毛します。

除毛クリーム(検索)
除毛クリーム(検索)
ボタン
ボタン
メリット
  • 塗るだけなのでかなり楽。(10分程度)
デメリット
  • 消耗品なので継続使用すると費用が掛かる。
  • 部位や毛の質によっては除毛できないことがある。(個人差あり)
  • 体質によっては肌荒れ・湿疹などが起こる可能性あり。

ムダ毛処理にも色々な方法がありますね! 私が持っているのは除毛器(シェーバー)と家庭用光脱毛器です。毛根を直接抜くのは痛いし、何より時間が掛かるので、フラッシュ脱毛器で「ピピッ」と済ましちゃってます。

脱毛器を探す
ボタン
脱毛器を探す
ボタン
脱毛器の選び方 (家庭用)
お役立ち情報
サムネ画像
色々な脱毛方法と、それぞれのメリット・デメリット
脱毛と除毛の違い
脱毛は毛を根元から除去するもの。除毛は毛を剃るもの。(シェーバーなど)
フラッシュ式(光脱毛器)とレーザー式の違い
フラッシュ式よりもレーザー式の方がエネルギーが密集しており強力。毛根にピンポイント照射できる反面、痛みも大きい傾向あり。永久脱毛できるのは医療レーザー式で、家庭用レーザー式では出力制限がある。(法律の関係)
管理人

めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

生活家電レビューとかもやってます。

お問い合わせ こちら
イメージ