そばかすができる原因は何?

そばかすができる原因には、遺伝の影響による先天的なものと、紫外線や生活習慣の乱れによる後天的なものがあります。

サムネ画像
目次
  • そばかすとは
  • そばかすができる原因
  • そばかすができる原因 まとめ
  • シミとそばかすの違い
案内

そばかすとは

そばかすとは、目や鼻の周り、頬などにポツポツとできる茶褐色の小さな斑点のことです。そばかすはシミよりも小さく、5mm以下のものが大半ですが、広範囲に無数に広がることもあるので目立ちます。遺伝によって先天的に発症するケースが多く、早くは幼少期から見られます。

思春期にそばかすは増えるといわれており、加齢とともに徐々に消えていくこともあります。そばかすは色素の薄い白人に多く見られるのも特徴です。

そばかす

そばかすができる原因

そばかすができる原因には、一体どんな項目が挙げられるのでしょうか。

遺伝

そばかすができる原因は、遺伝による先天的な要因である場合が多いです。そばかすもシミと同様に、その斑点を形成しているものは、肌のメラノサイトの働きによるメラニン色素の沈着です。遺伝による先天的なそばかすの場合、幼少から思春期にかけてそのピークが訪れます。思春期を過ぎた後は、加齢とともに徐々にそばかすは薄くなったり、そのまま消えていくこともあります。紫外線を浴びることで斑点が増えたり、斑点の色が濃くなったりするので、紫外線による肌へのダメージは絶対に禁物です。

遺伝

紫外線

そばかすができる後天的な要因には、紫外線の影響が考えられます。先天的なそばかすと同様に、紫外線を浴びることで斑点が増えたり、斑点の色が濃くなったりしてしまいます。強い紫外線照射は有害であるため、肌細胞を守る防衛反応としてメラニン色素が生成され、肌に沈着を起こします。

紫外線

紫外線、生活習慣の乱れ

そばかすができる後天的な要因には、紫外線のほかには生活習慣の乱れ、過度のストレスや睡眠不足などが挙げられます。生活習慣の乱れや過度のストレス、睡眠不足といったものは肌や体に負担を掛けてしまうため、肌の新陳代謝を低下させる要因となります。肌の新陳代謝が低下してしまうと、メラニン色素の排出が遅れたり、最悪の場合には排出されずに肌に残ってしまいます。

睡眠

そばかすができる原因 まとめ

  • そばかすには、遺伝の影響による先天的なものと、紫外線や生活習慣の乱れによる後天的なものがある。
  • 先天的なそばかす、後天的なそばかす、いずれも紫外線によってその症状が悪化するので注意が必要。紫外線の影響には、そばかすの斑点が増えたり、斑点の色が濃くなったりする症状がある。

シミとそばかすの違い

シミとそばかすの違いについては、下記リンク先を参照ください。

どうしてシミ・そばかすが出来てしまうの?
サムネ画像
そばかすができる原因は何?
ケア対策
管理人

めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

生活家電レビューとかもやってます。

お問い合わせ こちら
イメージ