ナノケアって何だ? (パナソニックのヘアアイロン)

製品価格は通常のヘアアイロンよりも高価ですが、近年の高級志向・美容健康ブームもあってか、ヘアアイロンはじめナノケア製品を購入する人は増えています。

サムネ画像
目次
  • ナノケアとは
  • 信ぴょう性はどうなのか
  • パナソニックのナノケア製品 (他にどんなものがあるか)
案内

ナノケアとは

ナノケアとは、微細粒子「ナノイー」を用いたケア製品のこと。

では「ナノイー」って何なのかという話になりますが、ナノイーとは超微細なイオンのことで、マイナスイオンよりも約1000倍の水分量に富むという特徴があります。(製品概要より)

ヘアアイロンを髪に当てると、水分が蒸発して髪のキューティクルが傷みやすくなりますが、水分に富むナノイーを同時に取り込むことで、髪のキューティクル(外側)を保護する効果に期待できるようです。(髪のキューティクルから水分が奪われると、パサつきの原因になる)

ストレートアイロン ナノケア パナソニック
ストレートアイロン ナノケア パナソニック
ボタン
ボタン

ナノイーを用いたナノケア製品は、パナソニック製のものが有名です。

信ぴょう性はどうなのか

「ナノケア」の信ぴょう性については、実際に使ってみるか、使った人の評価レビューなどを参考にするのが良いと思います。ここでは評価レビューの中で、いくつかポイントとなる点を紹介したいと思います。

レビュー評価は比較的高いものが多い

実際の使用感についてですが、「髪の傷みは感じない」「サラサラに仕上がる」「パサパサになることはない」など、肯定的な意見が結構見受けられました。一方で、製品本体の不具合に若干数マイナス意見が挙がっています。この点については、保証期間内であれば無償で修理してくれます。

まぁ実際、ナノイーといっても微細粒子なので目で確認することはできません。ある程度使ってみて、髪への浸透具合を判断するしかないですよね。

星の評価

パナソニックは上場企業 (企業的な信頼性は高い)

ナノケア製品を提供しているパナソニックは上場企業です。東証一部なので国内企業ではかなり企業的な信頼性は高いといえます。ナノイーに関する研究データにも、一定の信頼性を置いてよいと思います。

ナノケア製品自体の売れ行きも好調

製品価格は通常のヘアアイロンよりも高価ですが、近年の高級志向・美容健康ブームもあってか、ヘアアイロンはじめナノケア製品を購入する人は増えています。特にヘアドライヤー(ナノケア)の売れ行きが好調。

考える

パナソニックのナノケア製品 (他にどんなものがあるか)

ナノケア製品の中で有名なものをいくつかピックアップ。

ヘアドライヤー (有名)

しっとりと髪がまとまる・ツヤが出てサラサラになると話題のヘアドライアー。通常のヘアドライヤーよりも高価ですが、その価格をもって余りある高評価レビューが付いている製品です。やっぱりちゃんとした製品って探せばあるんですね。

ヘアドライヤー (ナノケア)
ヘアドライヤー (ナノケア)
ボタン
ボタン

スチーマー (美顔器)

こちらもナノイーによる水分保湿に着目した製品。肌のハリや潤いが失われ始める40代から、顔の保湿ケアには気に掛けたい。お風呂上りや就寝前などに10分間使用するだけでOKなので、習慣化させやすいです。

スチーマー(ナノケア)
スチーマー(ナノケア)
ボタン
ボタン
ヘアアイロンを探す
ボタン
ヘアアイロンを探す
ボタン
ヘアアイロンの選び方
お役立ち情報
サムネ画像
ナノケアって何だ? (パナソニックのヘアアイロン)
管理人

めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

生活家電レビューとかもやってます。

お問い合わせ こちら
イメージ