旅行者必見! 海外対応ヘアアイロンの探し方

普通のヘアアイロンと海外対応ヘアアイロンでは何が違うのか。その大きな違いには電圧の問題があります。

サムネ画像
目次
  • 旅行先でもヘアアイロンを使いたい!
  • 海外電圧の基本 (ポイントは2つ)
  • 海外対応ヘアアイロンの探し方 まとめ
  • 【補足】 変圧器の話
案内

旅行先でもヘアアイロンを使いたい!

海外旅行にヘアアイロン・ドライヤーなどの身だしなみグッズを持っていく旅行者は多くいます。特におしゃれに気を遣う女子のほとんどは、旅行先にヘアアイロンを携帯していくのではないでしょうか。

ここでは海外対応ヘアアイロンを選ぶポイントについて、分かりやすく紹介していきたいと思います。

海外旅行

海外電圧の基本 (ポイントは2つ)

普通のヘアアイロンと海外対応ヘアアイロンでは何が違うのか。その大きな違いには電圧の問題があります。

1. 国によって電圧が異なる

国によって電源コンセントから得られる電圧が異なるため、その国の供給電圧に対応した電化製品を使うことが推奨されます。(守らないと漏電とか故障の原因になる)

日本の場合、一般家庭に供給されている電圧は100Vです。そのため、国内で販売されている電化製品の多くも100V対応のものになります。電圧は各国によって異なり、例えばアメリカ国内では120V、ヨーロッパ圏では220Vとしている場合が多いです。

このように世界各国で異なる電圧が供給されていますが、電圧範囲は概ね100~240Vに収まっているため、製品仕様の電圧が「100-240V」と表記されていればほとんどの国で使用できます。

2. 国によって電源コンセントの形状が異なる

また、電源コンセントの形状も国によって規格が異なります。日本でお馴染みの形状は2本穴タイプですが、2本穴の位置が日本とは異なるタイプ、穴の形が異なるタイプなど、幾つか種類があります。

電源プラグ

この問題については、変換プラグを用いることで解決できます。(後述)

海外対応ヘアアイロンの探し方 まとめ

海外対応ヘアアイロンを買う際にチェックしておきたいこと、まとめ。

ヘアアイロン

まずは電圧を見る

日本の一般家庭に供給されている電圧は100Vなので、国内製品の多くは100V対応になります。海外対応ヘアアイロンを探す場合、まずは製品仕様の電圧を見ましょう。電圧が「100-240V」のように表記されていれば、日本国内はもちろん、アメリカやヨーロッパなどほとんどの国で使用することができます。

本体の長さは短いか (30-35㎝以内が望ましい)

海外旅行に持ち運ぶには、何といってもサイズが小さいことがポイントです。サイズが大きいとスーツケースの荷造りスペースを取ってしまうばかりか、移動の持ち運びも負担になります。海外対応ヘアアイロンを買う前には、サイズをチェックしておくことを忘れずに。 (30-35㎝以内が望ましい)

重量は軽いか (350g以下だとかなり軽量)

空港でスーツケースや旅行バッグに入れられる重量には上限が決まっているので、重量の軽いヘアアイロンを選びたいところです。海外旅行向けモデルは軽量タイプが多いですが、350g以下の製品はかなり軽いので持ち運びにも便利です。

アマゾンや楽天で商品検索する際に「海外対応」というキーワードを入れてみる

電圧確認がよく分からない人や、「海外対応」というメーカーのお墨付き文言が欲しい人は、アマゾンや楽天で商品検索する際に「海外」「海外対応」などのキーワードで絞り込み検索してみましょう。

ヘアアイロン 海外対応

変換プラグを買うのも忘れずに

海外の電源コンセント形状が異なる問題については、変換プラグを用いることで解決できます。せっかく240V対応のヘアアイロンを購入しても、電源コンセントに入らなかったら使えないので注意。変換プラグを買うのも忘れずに。

変換プラグ
変換プラグ
ボタン
ボタン

【補足】 変圧器の話

変圧器という機器を使えば、例えば240V供給されている海外電圧を、日本の電化製品に多い100Vに変換することもできます。ただ、変圧器を購入するには4,000円前後の値段が掛かる上、荷造りスペースを食う、旅行先で持ち運ばなければならないなどの手間が生じてしまいます。(変圧器は結構重い)

そういったデメリットを考慮するならば、最初から海外旅行用のヘアアイロンを1つ購入してしまう方が手間もなく確実です。

ヘアアイロンを探す
ボタン
ヘアアイロンを探す
ボタン
ヘアアイロンの選び方
お役立ち情報
サムネ画像
旅行者必見! 海外対応ヘアアイロンの探し方
管理人

めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

生活家電レビューとかもやってます。

お問い合わせ こちら
イメージ