ヘアアイロンの選び方 (性能や機能、ポイントなど)

ヘアアイロンを選ぶ際に知っておきたい性能・機能や、ヘアアイロンを選ぶポイントについて紹介していきたいと思います。購入時の参考になれば。

サムネ画像
目次
  • ヘアアイロンの選び方
  • ヘアアイロンの基本性能
  • ストレートアイロンの選び方 (ポイント)
  • カールアイロンの選び方 (ポイント)
  • ブラシアイロンの選び方 (ポイント)
  • どれを選んだらいいのか
案内

ヘアアイロンの選び方

ヘアアイロンにはスタイリング用途によって幾つかの種類があります。艶のある綺麗なストレートヘアを作りたいならストレートアイロン、ボリューム感や華やかさを演出するならカールアイロン、ブラシ感覚で自然なストレートやカールを作りたいならブラシアイロンを使います。

ストレートとカールの両方ができる「2way機能」の製品もありますが、初めての方はまず「ストレートアイロンか、カールアイロンか」の2択で選ぶのが良いと思います。(特化製品の方が使いやすいため)

よく売れているのもストレートアイロンやカールアイロンです。

ヘアアイロン

ヘアアイロンの基本性能

ヘアアイロンの基本性能を簡単に紹介。

設定温度 プレート部分の設定温度。製品によって性能が異なりますが、約100℃~230℃の範囲で設定が可能です。縮毛やくせの強い人を除けば、200℃以下で十分だと思います。
プレート部分の材質 プレート部分には、熱伝導性の良いチタニウムやセラミックなどが用いられます。独自に開発した素材を用いるメーカーもあります。(大手メーカー)
電圧 100Vのものは国内向け。100-240Vに対応しているものは海外対応のもの。

海外旅行に持っていきたい人は、電圧の確認と変換プラグを忘れずに。

ストレートアイロンの選び方 (ポイント)

ポイント
  • 温度調節はどの程度できるか。髪の状態やその人の髪質によって適温が異なるため、自分の髪質に合った温度を探りながら調節したい。市販のストレートアイロンは、温度の多段階調節機能が付いている製品が多いです。
  • 立ち上がり時間が早いか。(30~60秒なら早いほう)
  • 髪を挟み込むアイロン部分は、摩擦に強い材質かどうか。(要するに壊れにくいかどうかです。使用レビューなどを読んで参考にしましょう。)
  • 海外旅行用に持ち運びたい人は、電圧は海外対応のものか、コンパクトで持ち運びやすいかどうかなど。(変換プラグも忘れずに)
ストレートアイロン(検索)
ストレートアイロン(検索)
ボタン
ボタン

カールアイロンの選び方 (ポイント)

ポイント
  • パイプ径(太さ)によって、カールの仕上がりやアレンジのしやすさが変わってきます。パイプ径には、19㎜、26㎜、32㎜、36㎜、38㎜などの太さがあります。(直径です)
  • ショートヘア・ボブヘアには、19㎜、26㎜などパイプ径の小さなモデルがおすすめです。
  • ミディアムロング・ロングヘアには、32㎜、36㎜などパイプ径の大きなモデルがおすすめです。
  • 一般にパイプ径の小さなモデルは「くっきりカール」、パイプ径の大きなモデルは「ゆったりカール」「ワンカール」をつくるのが得意。
  • カールアイロンは使いやすさ重視。「初心者でも使いやすい」とのレビューが多い製品がおすすめです。
  • カールアイロンはストレートアイロンよりも髪に熱が加わる時間が長いため、あまり高温の製品は髪を傷める原因にもなるので注意。(適温150~160℃)
カールアイロン(検索)
カールアイロン(検索)
ボタン
ボタン

ブラシアイロンの選び方 (ポイント)

ポイント
  • ストレートヘア用にストレートブラシアイロン、カール&ストレート用にロールブラシアイロンがあります。(ロールブラシアイロン自体はカールの方が得意)
  • ストレートブラシアイロンの方が一度に束ねられる毛量が多いため、短時間で綺麗なストレートヘアをつくれます。特にロングヘアの人は、ストレートブラシアイロンがオススメです。
  • ストレートブラシアイロンは温度調節の幅が広く、中には10段階以上の細かな温度調節ができるモデルもあります。また、温度表示はデジタルディスプレイが主流になってきています。
  • 自然なカールアレンジやストレートにしたい人には、ロールブラシアイロンがオススメです。(カールの方が得意)
  • ロールブラシアイロンにはパイプ径(太さ)があります。カールアイロンと同様、ショートヘア・ボブヘアには、19㎜、26㎜などパイプ径の小さなモデルが、ミディアムロング・ロングヘアには、32㎜、36㎜などパイプ径の大きなモデルがおすすめです。
ストレートブラシアイロン(検索)
ストレートブラシアイロン(検索)
ボタン
ボタン
ロールブラシアイロン(検索)
ロールブラシアイロン(検索)
ボタン
ボタン

どれを選んだらいいのか

ストレートアイロン、カールアイロン、ブラシアイロン、(ロールブラシアイロン)、のどれを選んだらいいのか分からない人へ、それぞれの違いや特徴を簡単に紹介します。

ストレートアイロンは、綺麗でツヤのあるストレートヘアを仕上げるのに特化しています。反面、真っすぐになり過ぎてペタっとなるのが嫌だという意見も一部あります。そんな人には、自然な仕上がりのブラシアイロンがおすすめです。また、ブライアイロンの方が一度に多くの毛量をブラッシングできるので、素早くスタイリングできる特徴もあります。(ロングヘアの人向け)

はっきりとしたカールをつくるならカールアイロンがおすすめ。ロールブラシアイロンよりもはっきりとしたカールに仕上がります。ロールブラシアイロンはカールとストレート両方のスタイリングが可能で、また自然な仕上がりに期待できるオールラウンダー。(中途半端ともいえる)

何を選んだらいいか分からない人は、アマゾンや楽天のレビュー評価を参考にしたり、人気の製品から選んでもいいと思います。

いろいろ試してみよう!

ヘアアイロンを探す
ボタン
ヘアアイロンを探す
ボタン
ヘアアイロンの選び方
サムネ画像
ヘアアイロンの選び方 (性能や機能、ポイントなど)
お役立ち情報
管理人

めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

生活家電レビューとかもやってます。

お問い合わせ こちら
イメージ