縮毛矯正した髪にヘアアイロンを当てても大丈夫なのか

縮毛矯正した髪であっても、カールアレンジなどのスタイリングを行っても問題はないようです。

サムネ画像
目次
  • 縮毛矯正した髪にヘアアイロンを当てても基本的に問題ない
  • 縮毛矯正直後のヘアアイロンは避けるべき
  • 230℃など縮毛矯正レベルの高温スタイリングをするときは注意
  • 美容師さんに相談しよう
案内

縮毛矯正した髪にヘアアイロンを当てても基本的に問題ない

縮毛矯正は薬剤により半永久的にストレートヘアを持続させる手法です。縮毛矯正した髪であっても、カールアレンジなどのスタイリングを行っても問題はないようです。ただし、きちんとした手法で縮毛矯正を行っていることが前提なので、縮毛矯正の仕上がりについては信頼できる美容師さんにお願いするようにしましょう。

縮毛矯正 薬剤により半永久的に矯正する。
ヘアアイロン 熱により一時的に髪型を固定する。

縮毛矯正直後のヘアアイロンは避けるべき

縮毛矯正直後は髪が柔らかくなっている状態なので絶対安静が基本です。この時期にカールなどのスタイリングをしてしまうと、髪に変なクセがついてしまうので注意。縮毛矯正を行ったら、一週間程度時間を置いてからヘアアイロンをかけるようにしましょう。(髪のキューティクルを休める)

縮毛矯正

230℃など縮毛矯正レベルの高温スタイリングをするときは注意(?)

原理的には熱によって縮毛矯正が弱まることはないようですが、あまり高温でスタイリングするのは少し抵抗がありますよね。特に「縮毛矯正レベルの230℃」なんて言葉をウリにしているヘアアイロンもあるので、高温のヘアアイロンを使う際は注意した方がよいかもしれません。

一応、カールアイロンは160℃前後の温度でスタリングするのが基本なので、200℃以上かける必要はありません。

カールが崩れてしまう人は、ヘアアイロン後にスプレーなどで固定すると持続力が上がりますよ。

美容師さんに相談しよう

縮毛矯正後のヘアアイロンについては、かかりつけの美容師さんに一度相談するようにしましょう。私は美容師ではないので、記事の内容についてはあくまで参考程度に留めておいてください。

困ったらその道のプロフェッショナルに聞こう!

ヘアアイロンを探す
ボタン
ヘアアイロンを探す
ボタン
ヘアアイロンの選び方
お役立ち情報
サムネ画像
縮毛矯正した髪にヘアアイロンを当てても大丈夫なのか
管理人

めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

生活家電レビューとかもやってます。

お問い合わせ こちら
イメージ