ヘアアイロンの前に、スタイリング剤をつけてもいいの?

実は、ヘアアイロンの前にスタイリング剤を使うと色々なメリットがあります。ヘアアイロン前に使う専用のスタイリング剤もあります。

サムネ画像
目次
  • スタイリング剤は、ヘアアイロン後に使うのが基本
  • 実はヘアアイロンの前にスタイリング剤を使うと色々なメリットがある
  • 【注意】 髪が濡れている状態でのヘアアイロンはNG
  • ヘアアイロンの前に使うおすすめのスタイリング剤は?
案内

スタイリング剤は、ヘアアイロン後に使うのが基本

カールを長時間キープさせるために、ワックスやヘアスプレーなどのスタイリング剤で髪型をキープされている方は多いかと思います。一般的なイメージでは、ヘアアイロンをかけた後の仕上げとしてスタイリング剤を使用するという流れが自然です。

スタイリング

ヘアアイロン前にスタイリング剤を使うと、「髪が高温にならないか」「髪が傷まないか」などの心配もありますよね。ここでは、「ヘアアイロン前のスタイリング剤」について簡単に紹介していきたいと思います。

実はヘアアイロンの前にスタイリング剤を使うと色々なメリットがある

実は、ヘアアイロンの前にスタイリング剤を使う人も結構居るんです。ヘアアイロン前にスタイリング剤を使用するメリットには以下があります。

メリット
  • 仕上がりがふんわりする。
  • 艶(ツヤ)が出る。
  • 香りが良くなる。
  • キープ力が増す。
  • 髪が傷みにくくなる。

結構いいじゃん! ヘアアイロン前に使う専用のスタイリング剤があるくらいなので、一定の効果が期待できるのだと思います。

髪が傷みにくく仕上がりも良くなる

髪が傷んでパサつく原因のひとつは、髪の外側を覆っているキューティクルが傷むことにあります。スタイリング剤が髪のキューティクルを優しく保護し、ヘアアイロンをかけたときの熱から髪を守ってくれます。また、スタイリング剤をつけずにヘアアイロンをかけるよりも、スタイリング剤をつけてからのヘアアイロンをかける方が仕上がりがふんわりとします。艶(ツヤ)出し効果にも期待。

キープ力が増す

ヘアアイロン前に使う専用のスタイリング剤の中には、カールを長時間持続させる目的のものもあります。ワックスやヘアスプレーで巻き髪カールを固定できない人は、組み合わせてみるのも良いと思います。

艶のある髪

【注意】 髪が濡れている状態でのヘアアイロンはNG

髪がべっとり濡れたままヘアアイロンをかけるのはNGです。 (ヘアアイロンを使うときの基本)

これはスタイリング剤を使う際も同じで、スタイリング剤がべっとりついた状態や、髪をきちんと乾かさないままヘアアイロンをかけるのは髪を傷める原因になるので注意しましょう。(軽く湿っている程度がベスト

髪の水分量が多いと髪のキューティクル(外側)が柔らかくなり、ヘアアイロンの熱によってキューティクルが傷みやすくなります。また、スタイリング剤のつけすぎによりムラができると、その部分が熱を集めて高温になる危険性があります。

スタイリング剤をつけることに意識が行き過ぎて、「べた~」っとなっている状態は良くありません。ヘアドライヤーできちんとブローして乾かしてから、ヘアアイロンを使うようにしましょう。寝る前にトリートメントして、翌朝ヘアアイロンをかけるでもOKです。

ヘアアイロンの前に使うおすすめのスタイリング剤は?

ヘアアイロンの前に使うおすすめのスタイリング剤について。

洗い流さないトリートメントは良いという意見をよく聞きます。また私はあまり意識したことがありませんが、スタイリング剤に「オイル成分」が入っていないものが良いらしいです。ただ個人的には、オイル成分の入っているものでもヘアアイロン前にしっかり落としておけば大丈夫なような気もしますが。

洗い流さないトリートメント
洗い流さないトリートメント
ボタン
ボタン

ヘアアイロン前に使う専用スタイリング剤も探せばあるので、Amazonや楽天のスタイリング剤カテゴリで「ヘアアイロン」などど入れて検索を掛けるとヒットしますよ。

スタイリング剤は髪質によってその効果も全然違うので、色々試しながら自分に合ったスタイリング剤を探しましょう。

スタイリング剤を探す
ボタン
スタイリング剤を探す
ボタン
ヘアアイロンの選び方
お役立ち情報
サムネ画像
ヘアアイロンの前に、スタイリング剤をつけてもいいの?
管理人

めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

生活家電レビューとかもやってます。

お問い合わせ こちら
イメージ