夏に着たい! 通気性の良い素材・生地は? (洋服の暑さ対策)

夏におすすめの素材生地を紹介します。各素材生地の特徴、熱中症対策に向いている洋服など。

サムネ画像
目次
  • 夏服選びの基本 (熱中症対策)
  • 夏服の素材・生地選び
  • こんな服も!? (空調服)
案内

夏服選びの基本 (熱中症対策)

暑い夏を乗り過ごせ! 夏服選びの基本を紹介します。

夏服選びには服の面積を小さくすることで清涼感がアップしますが、それ以上に服の素材・生地選びが大切です。ポイントとなるのは以下の点です。

通気性が良い

夏場の猛暑では、体内の熱を外に逃がしてあげることが大切です。気温が上がると私たちは体温調節のために汗をかきます。肌の汗が乾く際に体内の熱を放出してくれるので、洋服の通気性は体温を下げるのに重要な役割を担っています。

服の生地

吸水性、速乾性に優れる

汗によるベタ付きや不快感を防ぐには、吸水性・速乾性に優れる生地を選ぶのがよいです。また速乾性に優れる生地の場合、汗が乾く速度が早まり、体の熱をすばやく放出してくれます。

夏服の素材・生地選び

夏服の素材・生地選びと、それぞれの素材の特徴を簡単に紹介します。

麻(リネン)

麻(検索)
麻(検索)
ボタン
ボタン

麻(リネン)は夏に需要が高まる生地です。通気性・吸水性・速乾性に優れ天然繊維の中で最も涼しいともいわれています。独特の質感や肌触りがあり、ファッション性に優れる点も人気のひとつです。見た目にも清涼感がありますよね。個人的には、古代・オリエンタル・ヒッピーなスタイルを感じる素材生地です。反面、麻独特のゴワゴワ感・チクチク感が苦手という人も居ます。

綿(コットン)

綿(検索)
綿(検索)
ボタン
ボタン

綿(コットン)は通気性・吸水性に優れ、肌触りもよいのが特徴です。清涼感もあるので夏にも適しています。通気性・吸水性・速乾性など総合面では麻に劣りますが、肌触りがよいので機能面では綿のほうが人を選ばないと思います。

レーヨン

レーヨン(検索)
レーヨン(検索)
ボタン
ボタン

化学繊維のレーヨンは吸水性に優れ絹(シルク)に似た光沢感があり、肌触りがよいのが特徴です。清涼感があって夏にも需要が高まりますが、柔らかい素材なのでシワになりやすく、水洗いすると縮むなどのデメリットもあります。個人的には、ワンピース・カーディガン・下着・パジャマなどに用いられるイメージが強いです。(スポーツや農作業など、激しい運動には不向き)

ポリエステル

ポリエステル(検索)
ポリエステル(検索)
ボタン
ボタン

化学繊維のポリエステルは、速乾性が高く、軽くて丈夫なので、スポーツウェアや下着等に幅広く利用されている素材生地です。私も運動するときはポリエステル100%のスポーツウェアをよく着ています。とても軽いので着ている感じがしません(笑)。ポリエステルは蒸れやすいので夏に不向きという意見もありますが、薄手のものなら夏も涼しくていいですよ。吸水速乾Tシャツもポリエステル製ですね。

こんな服も!? (空調服)

私も最近知ったんですが、熱中症対策で空調服なるものもあるんですね。服の中に扇風機(ファン)が内臓されており、バッテリーで風を送り続ける仕組みのようです。

空調服(検索)
空調服(検索)
ボタン
ボタン

最初はネタかと思ったんですが、炎天下での倉庫作業、ガレキの撤去作業、豪雨災害後の支援活動など、空調服が活躍するシーンは沢山あります。

意外に売れ行きも好調なようです。

熱中症
暑さ対策
サムネ画像
夏に着たい! 通気性の良い素材・生地は? (洋服の暑さ対策)
管理人

めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

生活家電レビューとかもやってます。

お問い合わせ こちら
イメージ