夏の炎天下、ビニールハウス温室で4時間作業していたら死にそうになった (熱中症)

目の前がクラクラして倒れそうになりました(汗)。最悪「命」を落とすこともあるので、熱中症には十分気を付けるようにしましょう。

サムネ画像
目次
  • 気温38℃、真夏日での温室作業
  • 頭が「ぼーっ」となり始めたら危険!
  • 家に帰っても、顔やおでこの熱っぽさが引かない (一日中)
  • 体重が1.2㎏落ちてた (水分)
  • 最悪「命」を落としてしまうこともあるので、熱中症には十分気を付けましょう
案内

気温38℃、真夏日での温室作業

私の実家ではビニールハウスを用いた家庭菜園を行っており、小松菜やチンゲンサイ、トマトなどの温室野菜を育てています。

ビニールハウス温室

夏場には私もハウス栽培をよく手伝っているんですが、夏の炎天下での作業なので結構危険です。(笑)

上写真の温室は少し涼し気ですが、実際はもっと蒸し暑いです。日が高くなる正午には気温が40℃近くまで上がることもあるので、ビニールハウス内での農作業は過酷を極めます。

汗

頭が「ぼーっ」となり始めたら危険!

炎天下の中、頭が「ぼーっ」となり始めたら危険です! 熱中症のサインかもしれません。

太陽光

私が温室作業を行うときは大体4時間くらい作業を続けるんですが、真夏日には頭が「ぼーっ」とすることもあります。この前、猛暑で気温38℃まで上がったときには、目の前がクラクラして死にそうになりました。(汗)

軽い立ちくらみのような症状が出たので、その日は作業を中断して急いで家まで帰りました。

家に帰っても、顔やおでこの熱っぽさが引かない (一日中)

私は温室作業後、家に帰ったらまず冷水シャワーを浴びて体を熱を冷ますようにしています。汗も流せるので気持ちいいですよ。

ただ、家に帰っても顔やおでこの熱っぽさがずっと消えない日とかがあるんですよね。 (特に暑い日)

この前、立ちくらみで倒れそうになったときも、家に帰った後もずっと頭が「ぼーっ」としていました。

これって熱中症ですよね多分。 (初期症状かも)

こうなっちゃうともう一日中熱っぽさが消えないので、予定していた他の作業ができなくなってしまいます。

疲れる

体重が1.2㎏落ちてた (水分)

ビニールハウス作業中にもこまめに水分補給しているんですが、水筒に入れた麦茶はいつも全部飲んでしまいます。黙々と土いじりしてると汗がダラーっと出てきます。

試しにこの前、家に帰ったあとに「どれくらい体重(水分)が落ちているんだろう?」と思って体重計に乗ったら、作業前よりも体重が1.2㎏落ちてました。

体重計

これ全部、温室作業中に失った水分なんでしょうね。(笑)

失った水分は急いで補給しましょう。

最悪「命」を落としてしまうこともあるので、熱中症には十分気を付けましょう

毎年夏になると、熱中症による死亡事故ニュースが増えます。

大体梅雨明けの6月下旬~7月上旬にかけてこれらの死亡例が増え始めます。

特に体力のない老人や、小学生~高校生くらいまでの子供の死亡例が多いので、身内にもつ家族の方々は注意です。

最悪「」を落としてしまうこともあるので、熱中症には十分気を付けましょう。

熱中症対策グッズを探す
ボタン
熱中症対策グッズを探す
ボタン
熱中症
サムネ画像
夏の炎天下、ビニールハウス温室で4時間作業していたら死にそうになった (熱中症)
暑さ対策
管理人

めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

生活家電レビューとかもやってます。

お問い合わせ こちら
イメージ