定番の熱中症対策グッズを紹介!

これがあればひと安心。定番の熱中症対策グッズを紹介します。

サムネ画像
目次
  • 熱中症対策で大切なこと おさらい
  • 定番の熱中症対策グッズ!
  • 私がいつも使っている熱中症対策グッズ
案内

熱中症対策で大切なこと おさらい

熱中症の原因は、体温調節機能の低下による発熱です。普段私たちは汗をかくことで上手く体の熱を体外に逃がしていますが、この体温調節が不安定になると、熱が体内に篭って脳や内臓などに深刻なダメージを与えてしまいます。(熱中症)

熱中症対策では、

  • 猛暑環境に身を置かないこと。
  • 直射日光を避けること。
  • こまめな水分補給を行うこと。
  • こまめな休憩を取ること。
  • 普段から体力作りを行い、体温調節機能など恒常性(ホメオスタシス)を高めておくこと。
  • などが大切になります。

    病院

    定番の熱中症対策グッズ!

    猛暑を乗り切るための、定番の熱中症対策グッズを紹介します。

    帽子で直射日光を避けよう

    熱中症 帽子(検索)
    熱中症 帽子(検索)
    ボタン
    ボタン

    帽子は熱中症対策で一番の必需品かもしれません。帽子の色は光を反射する白色系がオススメ。黒色や紺色は紫外線防止には良いですが、紫外線を吸収する際に熱を帯びるため、熱対策を考える上では白色系のほうがベターです。また、つばの広いタイプの方が直射日光を避けてくれます。

    水筒で水分補給をこまめに

    水筒(検索)
    水筒(検索)
    ボタン
    ボタン

    熱中症対策の水筒選びのコツは容量です。私は350㎖タイプの水筒を持っていますが、いつも足りなくなってしまうので1ℓタイプに買い替える予定です(農作業するといつも体重が1㎏以上落ちるので)。水筒が1ℓあれば、午前中4時間程度の農作業なら安心です。

    風通しの良い服装

    薄手 シャツ(検索)
    薄手 シャツ(検索)
    ボタン
    ボタン

    洋服選びは通気性の良い生地を選ぶのがオススメです。熱中症対策では、体の熱を体外に逃がしてあげることが大切です。「麻(リネン)」は通気性の良い生地として知られていますね。私は吸水速乾Tシャツをよく着ていますが、速乾性があって結構涼しいですよ。吸水速乾Tシャツの生地は薄手のポリエステル100%です。アマゾンや楽天で「熱中症 服」と検索すると、空調服なんてのも引っ掛かります。空調服には扇風機が付いているようだ(笑)。

    冷却タオル

    冷却タオル(検索)
    冷却タオル(検索)
    ボタン
    ボタン

    吸水性・速乾性の高い冷却タオルで汗を拭き取ります。炎天下では体温調節のために大量の汗をかきます。顔中汗まみれになるので冷却タオルは必須です。冷たい水を含ませて顔を拭くと涼しいですよ。

    冷却ジェルで発熱を抑える

    冷却ジェル(検索)
    冷却ジェル(検索)
    ボタン
    ボタン

    冷却ジェルをキンキンに冷やして首に巻くなどして使います。冷却ジェルは凍らせられタイプを選ぶのが良いです。ただし、猛暑では比較的速く溶けてしまうので、冷却ジェルの持続性については課題が残るところです。

    塩分摂取 (飴など)

    熱中症 飴(検索)
    熱中症 飴(検索)
    ボタン
    ボタン

    炎天下でかく汗にはナトリウム等の塩分も含まれているため、知らず知らずのうちに塩分不足に陥ってしまいます。水分ばかり補給していると体内の塩分濃度が低下し、筋肉のけいれん・体のだるさ・昏睡状態などの諸症状を引き起こします。 疎かになりがちですが、汗を大量にかいた後は塩分摂取もすごく大切なんです。

    車のサンシェード(日よけ)

    車 サンシェード(検索)
    車 サンシェード(検索)
    ボタン
    ボタン

    直射日光を遮るためのサンシェード。家族旅行などで渋滞に巻き込まれた時などに活躍します。紫外線防止・外からの覗き込み防止・日陰による清涼感など。駐車場に車を置いて出掛ける際にも、直射日光から車内を守ってくれます。

    私がいつも使っている熱中症対策グッズ

    参考までに、私が実家の農作業を手伝いするときに使っている熱中症対策グッズを紹介します。

    熱中症対策グッズを探す
    ボタン
    熱中症対策グッズを探す
    ボタン
    熱中症
    サムネ画像
    定番の熱中症対策グッズを紹介!
    暑さ対策
    管理人

    めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

    美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

    生活家電レビューとかもやってます。

    お問い合わせ こちら
    イメージ