熱中症のサインや症状にはどんなものがある? 原因は?

私も農作業の手伝いで日中外に出ることがありますが、夏場によく罹る症状は「顔のほてり」や「立ちくらみ」です。

サムネ画像
目次
  • 熱中症のサインや症状
  • 熱中症になってしまう原因や理由
  • 熱中症対策の基本は、水分補給と塩分補給
  • 普段から適度な運動を
案内

熱中症のサインや症状

夏場の炎天下、こんな症状が出始めたら危険サインです。

  • 顔のほてり (私がよくなる)
  • めまい
  • 立ちくらみ
  • 失神 (熱失神)
  • 倦怠感
  • 脱力感
  • 体温の上昇 (37℃以上)
  • 水分補給を自分でできない
  • 筋肉のけいれん、全身のけいれん (熱けいれん)
  • 意識混濁 (意識障害)

私も農作業の手伝いで日中外に出ることがありますが、夏場によく罹る症状は「顔のほてり」や「立ちくらみ」です。多分、熱中症になる初期症状の段階だと思うんですが、幸いそれ以上に症状が進行したことはありません。こまめな小休憩や水分補給を行っているので、重い熱中症の経験はありません。

ただ、家に帰って冷水シャワーを浴びたり、クーラーの効いた部屋に戻っても、一日中顔のほてりが消えないので、軽度だからといって油断していると結構危険だと思います。

夏場の作業

「意識混濁」「全身のけいれん」は至急、救急車を呼んだ方がいい

熱中症の症状で特に危険なサインが、「意識混濁」や「全身のけいれん」です。

このような症状に見舞われている人を見掛けたら、迷わず救急車を呼んだほうがいいです。

救急車

熱中症になってしまう原因や理由

熱中症の原因は「体温調節が上手くできなくなること」です。

人間などの哺乳類には体温を一定に保つ仕組みが備わっており、汗をかくことによって熱を体外に逃がしています。普段からスポ―ツを行う人はこの体温調節機能が上手く働いていますが、例えば普段あまり運動しない人や、室内でクーラーに当たり続けるような生活を送っている人などは、外気の急激な温度上昇に体温調節機能がうまく働かず、体温が平熱(35~36℃)よりも上昇してしまう場合があります。

体温調節できずに体内に熱が溜まり続けると、脳や筋肉、重要な臓器などの機能が低下してしまい、様々な熱中症の症状を発症します。

これが熱中症の原因です。

夏

熱中症対策の基本は、水分補給と塩分補給

熱中症対策の基本は、水分補給と塩分補給です。

水分補給

人間は汗を大量にかくことで体温調節を行っていますが、体内の水分は無限にあるわけでないので、そのままにしておくと水分不足や脱水症状を引き起こしてしまいます。また、汗が出なくなることで体温調節が上手く働かなくなり、熱中症も併発してしまう恐れがあります。私は夏場の農作業には1ℓ以上の水分を失っていますよ(笑)。どうするかって? 水筒持ってこまめな水分補給するしかないです。

水

塩分補給

以外に疎かになりがちなのがコレ。汗にはナトリウムなどの塩分も含まれているので、知らず知らずの内に体内の塩分濃度が低下しています。体内の塩分濃度が低下すると、筋肉のけいれん・体のだるさ、最悪の場合には昏睡状態に陥る危険性すらあります。塩飴をなめたり、スポーツドリンクを飲むなどして塩分不足を補いましょう。

普段から適度な運動を

普段から適度な運動をし、体温調節機能を保っておくことも大切ですね。

特にクーラーの当たり過ぎには注意しましょう。クーラーの当たり過ぎは、体温調節機能が鈍ってしまう原因になります。 (全く当たらないのもダメですが)

体温調節機能に優れるスポーツマンでも、猛暑や水分不足によって体温調節がうまく働かなくなり、熱中症に陥ってしまうこともあるので夏の暑さには十分注意しましょう。

スポーツ
熱中症対策グッズを探す
ボタン
熱中症対策グッズを探す
ボタン
熱中症
サムネ画像
熱中症のサインや症状にはどんなものがある? 原因は?
暑さ対策
管理人

めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

生活家電レビューとかもやってます。

お問い合わせ こちら
イメージ