アロマ加湿器の特徴や、選び方について

アロマ加湿器では、給水容器内にアロマオイル(アロマエキス)を入れて使用します。アロマオイルは水の霧(ミスト)になって空気中に放出され、アロマの香りを楽しみながら加湿することができます。

サムネ画像
目次
  • アロマ加湿器とは
  • アロマ加湿器の長所メリット
  • アロマ加湿器の短所デメリット
  • アロマ加湿器 まとめ
案内

アロマ加湿器とは

アロマ加湿器と呼ばれるものは、加湿機構としては超音波式に属します。正確には、「アロマ機能を有した超音波加湿器」ということになります。また、これらの製品は超音波アロマ加湿器とも呼ばれています。

アロマ加湿器では、給水容器内にアロマオイル(アロマエキス)を入れて使用します。アロマオイルは水の霧(ミスト)になって空気中に放出され、アロマの香りを楽しみながら加湿することができます。

アロマ加湿器(検索)
アロマ加湿器(検索)
ボタン
ボタン

アロマ加湿器の長所メリット

良い点 アロマ加湿器の長所、メリットについて。

アロマオイルで香りを楽しめる

  • 「香り」には脳を刺激して集中力を高めたり、安心させてリラックスさせる効果などがあります。不快な臭いは人の作業する手を止めてしまいますが、良い香りは集中力を高めて作業効率を上げてくれます。また、なかなか寝付けない時などには、アロマの香りによるリラックス効果によって入眠を助けてくれます。
  • アロマ線香のように熱や煙が出るわけではないので、アロマ加湿器の方が安全で気軽にアロマの香りを楽しめるという方もいます。服や髪の毛に煙の臭いが付きにくいのも良いですね。
  • また、長時間に渡ってアロマの香りが持続するので、ヨガ教室を開いている方やヨガのエクササイズを行う際にも活躍します。
  • アロマ加湿器には、アロマオイルを水に入れるタイプ、アロマトレイに入れて水と一緒に入れてはいけないタイプなど、使用方法は製品によって異なるため、購入の際は使用方法を確認するようにしましょう。
アロマオイル
アロマオイル
ボタン
ボタン

照明に使えるタイプもあり、デザイン性に優れている

  • アロマ加湿器には照明に使えるタイプも多くあり、お部屋を華やかに演出してくれます。カラーバリエーションも豊富でデザイン性に優れているため、室内インテリアにも良いです。
アロマ加湿器(検索)
アロマ加湿器(検索)
ボタン
ボタン

アロマ加湿器の短所デメリット

悪い点 アロマ加湿器の短所、デメリットについて。

アロマオイルの入れ方にはちょっと注意

  • アロマ加湿器には、アロマオイルを水に入れるタイプや、アロマトレイに入れて水と一緒に入れてはいけないタイプなどがあります。アロマトレイに入れるタイプでは、給水容器内にアロマオイルを入れると故障の原因となる場合があるので注意が必要です。
困った顔の女性

アロマ加湿器 まとめ

アロマ加湿器は「超音波式」に属するので、超音波加湿器の長所・短所も簡単にまとめました。

超音波加湿器の長所・短所

長所
  • 沸騰による事故がないので安心
  • 沸騰させずそのまま放出するため、加湿開始が早い
  • 消費電力が小さい
  • 本体価格が安い
  • とっても静かなので、就寝時にも気にならない
  • アロマの香りでリラックス効果
  • 小型でコンパクトなため、卓上で使用もできる(卓上加湿器)
短所
  • 清掃・掃除はこまめに行う必要がある
  • 設置場所を選ぶ必要がある(水気があるので精密機器の周辺には置かない方がいい)
  • ミネラル成分の噴出で、白い粉が湧くことがある

アロマ加湿器の長所・短所

長所
  • アロマオイルで香りを楽しめる
  • 照明に使えるタイプもあり、デザイン性に優れている
短所
  • アロマオイルの入れ方にはちょっと注意

単なる超音波加湿器よりも、アロマ機能の付いた超音波アロマ加湿器の方が売れている印象を受けます。超音波アロマ加湿器には、「加湿・アロマ効果・照明機能・インテリア性」など、良い特徴が多くあります。

アロマ加湿器(アロマディフューザー)を探す
ボタン
アロマ加湿器(アロマディフューザー)を探す
ボタン
加湿器の選び方 (基本)
サムネ画像
アロマ加湿器の特徴や、選び方について
アロマオイルの話
お役立ち情報
管理人

めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

生活家電レビューとかもやってます。

お問い合わせ こちら
イメージ