加湿器の種類やそれぞれの特徴を比較

個人的には、「加湿能力・電力コスト・静音・安全性」の面で総合力の高いハイブリッド式がおすすめですが、本体価格が若干高めなのでじっくり検討したいところです。

サムネ画像
目次
  • 加湿器の種類
  • 加湿器の種類 まとめ
案内

加湿器の種類 (4種類)

加湿器には、湿度を作り出す加湿機構に応じて様々なタイプに分けることができます。一般にはスチーム式・超音波式・気化式・ハイブリッド式4種類に分類されています。

各加湿器の長所や短所について簡単にまとめました。詳細な特徴については、各加湿器ごとに別ページを設けていますのでそちらを参照ください。

スチーム式

蒸気の力で加湿。

長所
  • 加湿力が高い
  • 煮沸させているので滅菌効果がある
  • 定期清掃の手間が少ない
短所
  • 消費電力が大きい
  • 本体価格が高め
  • 吹出口や、転倒による火傷(やけど)リスクが高まる

加湿器といえば、熱い蒸気を思い浮かべる人が多いかと思いますが、スチーム式がまさにコレに該当します。スチーム式は、蒸気によって室内の加湿を行う加湿器です。同じような仕組みとしては、ストーブの上に置いたやかんの口から、蒸気が噴出するイメージが近いですね。

スチーム式加湿器(検索)
スチーム式加湿器(検索)
ボタン
ボタン

超音波式

水のミストを噴出。

長所
  • 沸騰による事故がないので安心
  • 沸騰させずそのまま放出するため、加湿開始が早い
  • 消費電力が小さい
  • 本体価格が安い
  • とっても静かなので、就寝時にも気にならない
  • アロマの香りでリラックス効果
  • 小型でコンパクトなため、卓上で使用もできる(卓上加湿器)
短所
  • 清掃・掃除はこまめに行う必要がある
  • 設置場所を選ぶ必要がある(水気があるので精密機器の周辺には置かない方がいい)
  • ミネラル成分の噴出で、白い粉が湧くことがある

超音波式は、振動によって水の霧(ミスト)を作り出し、それを空気中に放出します。加湿までの立ち上がりが早い、小型化しやすい、部品コストや電力コストが低いなどの利点がありますが、給水容器内の水をそのまま放出しているため、使用する水の水質や、給水容器内およびフィルタの定期清掃を怠ると、カビや雑菌まで放出してしまう点に気を付けたいです。

超音波式加湿器(検索)
超音波式加湿器(検索)
ボタン
ボタン

超音波加湿器の種類

超音波加湿器には、通常タイプ、アロマオイルを入れて香りも楽しめるタイプ、照明インテリアにも使えるタイプ、小型でコンパクトな卓上タイプ、ペットボトルに装着して使用するタイプなど様々あります。

アロマ加湿器 アロマオイルを注入することで、リラックス効果のある香りを楽しめます。アロマ加湿器はそのデザイン性が高く、多色変換LEDライトによって様々に発光するものも多くあります。そのため、加湿やアロマ効果だけでなく、おしゃれな照明インテリアとしても需要があります。
卓上加湿器 超音波加湿器の中でも特に小型なもの。コンパクトな形状のため、作業デスクやPCデスク上で使用することができます。AC電源が主流ですが、USB電源のものも一部あります。アロマ加湿器と線引きさている訳ではなく、卓上加湿器でアロマ機能付きのものもあります。
ペットボトルに装着するタイプ ペットボトルキャップ型なので、ミネラルウォーターなどに装着して簡単に加湿使用することができます。車のシガーソケットをAC変換またはUSB変換できるコネクタがあれば、車内でも使用することができます。あまり安すぎる製品は、動作不良に問題がある場合もあります。

気化式

湿った空気を送風。

長所
  • 静か
  • 加湿能力が意外と高い
  • 消費電力が小さい
  • 火傷(やけど)の心配がない
  • 抗菌フィルタにより、カビ・雑菌、ミネラル汚れを防止
短所
  • 加湿までの時間がゆっくり(目安としては30分前後)
  • 製品種類が少ない

気化式は、水を含んだ加湿フィルタにファンで常温風を送り、湿った空気を室内に放出して使用します。湿ったTシャツに風を送り込むイメージが近いかもしれません。ファンを回転させるための電力がメインなため、電力コストが低いのが特徴です。

気化式加湿器(検索)
気化式加湿器(検索)
ボタン
ボタン

ハイブリッド式

混合型。

長所
  • 温風気化式で強力に加湿し、気化式で静音と低電力を実現
  • 消費電力を効率よく抑えることができる
  • 加熱温風で除菌
  • 火傷(やけど)の心配がない
短所
  • 自動切替センサーなど、内部仕様が若干複雑になる
  • 本体価格が高め

ハイブリッド式は、一般には「気化式+温風気化式」の加湿器です。気化式が「常温風」を使用しているのに対し、温風気化式はヒーターによって熱せられた「温風」を使用します。温風を用いることで加湿力を高めることができます。そのため、設定した室内湿度に近づくまでは温風気化式で運転し、設定した室内湿度に達したら電力消費の小さい気化式に切り替わるように自動制御しています。

ハイブリッド式加湿器(検索)
ハイブリッド式加湿器(検索)
ボタン
ボタン

加湿器の種類 まとめ

スチーム式
  • 水を熱で沸騰させ、蒸気を作りして放出する。
  • 沸騰の準備に時間が掛かるため、加湿開始までが遅い(約20分)。
  • 消費電力が大きい。
  • 国内製品の場合、本体価格は高めだが高品質で多機能。
  • 転倒による火傷(やけど)被害の恐れがある反面、水を沸騰させているため滅菌効果が高く、多少給水容器が汚れていても問題なく使用できる。
超音波式
  • 水を超音波で振動させることで細かな粒状にしてから放出する。水の霧(ミスト)。
  • 沸騰させずそのまま放出するため、加湿開始が早い。
  • 消費電力が小さく小型化が可能。消費電力はスチーム式のおよそ10分の1。
  • 生産コストが低いため、本体価格を安く抑えることができる。
  • 火傷(やけど)被害は起こらないが、給水容器内の水をそのまま放出しているため、雑菌が繁殖した場合に危険性が増す。(加湿器病)
  • ミネラルの多い水を使用した場合、白い粉が周囲に降り積もることがある。(ミネラル汚れ)
気化式
  • 水をスポンジ状の加湿フィルタに含ませ、そこにファンで風を送り込むことによって湿気を放出する。
  • 加湿スピードはゆっくり(約30分)。
  • 消費電力が小さく、自然の力による蒸発を利用した自然気化式タイプもある。自然気化式は電気を消耗しないため、エコ加湿器とも呼ばれている。
  • 国内メーカーの参入が少ない。そのため、製品の種類は少なめ。
  • 火傷(やけど)被害がなく、カビや雑菌を抑えられる抗菌フォルタを搭載しているため、安全性が高い。
ハイブリッド式
  • 一般に、常温風を用いる気化式に温風機能を追加した「気化式+温風気化式」の加湿器を指す。
  • 加湿の立ち上がり部分を温風気化式で運転し、目標の室内湿度に到達したら気化式に切り替えて湿度維持を行う。
  • 電気代コストの面ではスチーム式よりも優れ、加湿スピードの面では気化式よりも優れている。
  • 加熱した温風が吹出口から直接出てくるわけではないので、蒸気による火傷(やけど)の心配もない。

4つの過湿タイプごとに、それぞれ異なる長所・短所があるため、自分の生活シーンに合った加湿器を選ぶようにしましょう。

超音波式は多機能かつ生産コストが低いなどの点から多くの製品が出回っていますが、加湿器内部を清潔に保つことが必須といえます。空気中のカビや雑菌を原因とする加湿器病にも気を付けたいところです。

個人的には、「加湿能力・電力コスト・静音・安全性」の面で総合力の高いハイブリッド式がおすすめですが、本体価格が若干高めなのでじっくり検討したいところです。

加湿器を探す
ボタン
加湿器を探す
ボタン
加湿器の選び方 (基本)
サムネ画像
加湿器の種類やそれぞれの特徴を比較
アロマオイルの話
お役立ち情報
管理人

めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

生活家電レビューとかもやってます。

お問い合わせ こちら
イメージ