ノンシリコンシャンプーって何?

シリコンには、髪を保護コーティングして美しい光沢や艶(つや)を出したり、指通りの良い滑らかな髪にしてくれる役割があります。

サムネ画像
目次
  • ノンシリコンシャンプーとは
  • シリコンの役割
  • シリコン入りシャンプーで騒がれていること
  • 実際はどうなのか?
案内

ノンシリコンシャンプーとは

ノンシリコンシャンプーとは、その名の通り「シリコーン (silicone) 」が入っていないシャンプーのことです。

ノンシリコンシャンプーという言葉が対比として作られていることからも分かるように、シャンプーには「シリコン入りシャンプー」というものがあります。シリコンを入れる理由やシリコンの果たす役割については、以降の章で順に触れていきたいと思います。

ノンシリコンシャンプー(検索)
ノンシリコンシャンプー(検索)
ボタン
ボタン

シリコンの役割

シリコーン (silicone)は、ケイ素(silicon)から人工的に合成される高分子化合物のことです。「シリコーン」のことを「シリコン」と略すことが一般化していますが、シリコンは本来、原子のケイ素(silicon)を指す言葉です。ただ、合成高分子化合物のシリコーンをシリコンとして呼んでも意味が通じるため、本ページでは紛らわしさを避けるためシリコンとして統一して呼ばせていただきます。

人工化合物であるシリコンをシャンプー(or リンス、コンディショナー、トリートメント)の成分に入れることで、以下のような役割や利点があります。

  • 髪をコーティングする
  • キューティクルを保護する
  • 熱耐性があるため、ドライヤーの熱から髪を守ってくれる
  • 光沢や艶(つや)を出す
  • 指通りを滑らかにする
  • 髪の流れをスムーズにする

シリコンは主に髪の外側キューティクルに作用し、髪を保護コーティングしてくれる役割を持っています。これにより美しい光沢や艶(つや)が出たり、指通りの良い滑らかな髪、流れのスムーズな髪に近づけることができます。

成分表示の確認

シリコンが入っている場合、成分表示に「メチコン、シクロメチコン、ジメチコン、アモジメチコン、シロキサン」などの表記があります。これらの成分を含むものはシリコンシャンプーになります。

ジメチコン 成分表示

シリコン入りシャンプーで騒がれていること

シリコンは前述のように、髪を保護コーティングして美しい光沢や艶(つや)を出したり、指通りの良い滑らかな髪にしてくれる役割を持っています。ただ、シリコンシャンプーに対する世間のイメージはあまり良いものではありません。

これについては、シリコンは「微生物などによって自然分解されない人工化合物」というイメージが先行していたり、「ノン○○○」というネーミングの良さについ惹かれたり、「自然由来の成分がいい」、「無添加がいい」といったユーザの声があるように感じます。

こういったイメージも先行してか、各化粧品メーカーもこぞって「ノンシリコンシャンプー」と謳った化粧品を市場に送り出しています。

シリコン入りシャンプーで騒がれていることには、以下のものがあります。

  • 自然分解されない人工化合物のシリコンが、毛穴を詰まらせるのでは
  • コーティング作用が強いため、パーマのかかりが悪くなったり、ヘアカラーが染まりにくくなるのでは
  • 髪の内側への成分浸透を妨げるのでは
  • 髪の内側がボロボロに傷んでいても、外側が綺麗にコーティングされているため、見た目ではダメージに気が付きにくくなるのでは

従来のシリコンシャンプーについては、こういった声が騒がれています。

実際はどうなのか?

シリコンにだけ目が行ってしまいがちですが、シリコンを使っていなくても、別のコーティング剤を代用している製品もあります。そういったコーティング剤にも、シリコンで騒がれているような同じ弊害を持っていたとしても何ら不思議ではありません。そうなってくると、例えノンシリコンといえども抱いている疑念は払拭されないことになります。

「ノンシリコンシャンプーなのでシリコンは入っていませんが、別のコーティング剤によるコーティング作用が強くて髪に全然良くありません」

こうなっては本末転倒といえます。

某大手化粧品メーカーでは、問題性がないことを実証している

「シリコン成分が毛穴を詰まらせるのでは?」といった、世間で騒がれているシリコンの問題性については、某大手化粧品メーカーが検証実験を行っています。そういった兆候は確認できなかったとの報告をきちんと行っており、シリコンの安全性については問題がないとの結果が出ているようです。

「パーマのかかり具合への影響」、「髪への浸透を妨げる」など、その他シリコン使用で騒がれている項目についても検証が済んでいるようです。

ノンシリコンにこだわるであれば、ヘアケア用品のすべてにチェックを

上記のように、単純に「シリコン」だけに嫌悪感を抱いていてもあまり意味がなく、実際にはそこまで気にする必要がないことが分かります。

どうしても「ノンシリコン」にこだわるであれば、髪のケアを行う際のシャンプー、リンス、コンディショナー、トリートメントのすべてを「ノンシリコン」に統一して使用するようにしましょう。特に「コーティング」によるブロックが問題となっているので、皮脂汚れを洗い落とすシャンプー、髪の内部に浸透して補修ケアを行うトリートメントを使用する際には、ノンシリコンでコーディング作用も弱いものを選ぶようにしましょう。

ノンシリコンシャンプーを探す
ボタン
ノンシリコンシャンプーを探す
ボタン
ヘアケア用品 (基本)
サムネ画像
ノンシリコンシャンプーって何?
管理人

めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

生活家電レビューとかもやってます。

お問い合わせ こちら
イメージ