シャンプーの成分表示について

「薬用シャンプー」の方が何となく効き目がありそうだから、薬用シャンプーを購入しよう。このような安易な気持ちで薬用シャンプーを選ぶのは、少し怖くなってきますね。

サムネ画像
目次
  • シャンプーは「化粧品」や「医薬部外品」
  • 「化粧品」と「医薬部外品」の違い
  • 「化粧品」と「医薬部外品」では、成分表示に関しての取り決めが異なる
案内

シャンプーは「化粧品」や「医薬部外品」

シャンプーやリンスといったヘアケア用品は、日本では医薬品医療機器等法(薬機法)という法律によって管理されています。「化粧品」というと、メークアップ化粧品や基礎化粧品などを連想しますが、これらと同様にシャンプーやリンスも医薬品医療機器等法(薬機法)の管理下にあります。

医薬品医療機器等法(薬機法)はかつて「薬事法」と呼ばれていた法律ですが、2013年11月27日に名を医薬品医療機器等法(薬機法)に改めています。

「化粧品」と「医薬部外品」の違い

シャンプーは「化粧品」や「医薬部外品」に分類されますが、両者は具体的に何が違うのかを説明したいと思います。

シャンプー

医薬部外品とは

以下の目的で使用されるものであって、人体に効果・効能の作用が認められるものであるが、その作用が緩和なもの。

  • 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止
  • あせも、ただれ等の防止
  • 脱毛の防止、育毛又は除毛

その他、厚生労働大臣が指定するもの。医薬部外品には、医師の処方は不要とされます。

化粧品には、上記の症状等に対して一定の効果・効能が認められている「薬用化粧品」と呼ばれるものがありますが、薬用化粧品は医薬部外品に属しています。薬用化粧品には、ニキビや肌荒れ、美白効果のある「有効成分」と呼ばれる成分が配合されています。有効成分は、表記するように義務付けられています。薬用化粧品には有効成分のほか、その他の成分についても表記されている場合が多いです。

化粧品とは

人の身体や肌、皮膚、毛髪等を清潔にしたり、健やかに保つために使用するもの。肌を美しく見せたり、魅了するために使用するもの。これらの使用を目的とし、人体に対する作用が緩和なもの。 (ただし医薬品、医薬部外品を除く)

また化粧品は、その全成分を表示するよう義務付けられています。

効果・効能の強さ

効果・効能の強さについては以下のようになります。

効果・効能の強さ

「効く」とは、良くも悪くも「人体に対する影響力の強さ」を示しています。

効き目は体質などによって個人差があるため、自分の体質に合う「有効成分」であればより良い方向に「効果・効能」を感じることができますが、その逆も然り。影響力の強い医薬品などは医師の処方箋(せん)を必要としたり、薬剤師や登録販売者による適切な助言を仰ぐことが推奨されています。

違い

医薬部外品
  • 医薬部外品に属するいわゆる「薬用シャンプー」と呼ばれるものには、人体に効果・効能の作用が認められる「有効成分」が含まれている。
  • 「有効成分」については成分表示が義務付けられているが、その他の成分についての表示義務はない。
化粧品
  • 毛髪等を清潔にしたり、健やかに保つために使用するもの。
  • その全成分表示が義務付けられている。

シャンプーには「薬用シャンプー」と呼ばれるものがありますが、「薬用」とは人体に対する効果・効能が認められる成分を含む医薬部外品のことです。「薬用化粧品」、単に「薬用」とも。

「化粧品」と「医薬部外品」では、成分表示に関しての取り決めが異なる

上記の「化粧品」と「医薬部外品」の違いでも触れましたが、「化粧品」と「医薬部外品」では、成分表示に関しての取り決めが異なります。

化粧品はその全成分を表示することが義務付けられていますが、医薬部外品(薬用シャンプー)では有効成分の表示のみ義務化されています。これは裏を返せば、有効成分を除いたその他の成分に、何が入っているのか全く分からないということです。

「薬用シャンプー」の方が何となく効き目がありそうだから、薬用シャンプーを購入しよう。

このような安易な気持ちで薬用シャンプーを選ぶのは、少し怖くなってきますね。

ただ、医薬部外品(薬用シャンプー)に関する法律は今後「全成分表示」に変わる可能性があり、また、有効成分以外の成分についても表示するケースが増えてきています。

一応、「こういったリスクがある」ということを念頭に置きつつも、そこまで敏感に構えるような問題でもないように思います。

シャンプーを探す
ボタン
シャンプーを探す
ボタン
ヘアケア用品 (基本)
サムネ画像
シャンプーの成分表示について
管理人

めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

生活家電レビューとかもやってます。

お問い合わせ こちら
イメージ