高級アルコール系、石鹸系、アミノ酸系 シャンプー成分の違いについて

私たちが洗髪に使用しているシャンプーには、その含有成分によって大きく3種類に分けることができます。それぞれのシャンプーの特徴、長所や短所、また成分の違いや見分け方についてまとめました。

サムネ画像
目次
  • シャンプーは使用される成分によって3種類に分けることができる
  • 各シャンプーの特徴、成分の違いや見分け方
案内

シャンプーは使用される成分によって3種類に分けることができる

私たちが洗髪に使用しているシャンプーには、その含有成分によって大きく3種類に分けることができます。

  • 高級アルコール系シャンプー
  • 石鹸系シャンプー
  • アミノ酸系シャンプー

シャンプーの成分表示については、普段あまり気に掛けることがないという人も多いかと思います。シャンプーがこれらの種類に分けられるということを初めて知る人も多いかもしれません。

ちなみに市販されているシャンプーの多くは「高級アルコール系シャンプー」になります。(※後述)

各シャンプーの特徴、成分の違いや見分け方

それぞれのシャンプーの特徴、長所や短所、また成分の違いや見分け方についてまとめました。

高級アルコール系シャンプー

高級アルコール系シャンプー

高級」と名がついているので、何やら特別なシャンプーのように感じるかもしれませんが、「高級アルコール」とは、炭素数の多いアルコールを使用していることに由来します。(対比:低級アルコール)

化学式に結合される炭素の数が多くなるほど親油性が高まるため、皮脂汚れなど油性の汚れに対する洗浄力が高くなる傾向にあります。

長所
  • 洗浄力が高い
  • 泡立ちが良い
  • 生産コストが安い(価格が安い)
  • 種類が豊富
  • 香りが良い
  • 洗い上がりの髪がツルツルでなめらかに仕上がる
短所
  • 髪や頭皮への刺激が大きい
  • 相性が悪い場合、かぶれなどの炎症を引き起こすことも
  • 皮脂を取り除き過ぎる
成分
  • ラウリル硫酸Na
  • ラウレス硫酸Na
  • ラウリル硫酸アンモニウム
  • ラウリル硫酸TEA
  • ほか、「○○硫酸」と銘打つ成分

高い洗浄力が魅力

洗浄力が高く、皮脂汚れが良く落ちるのが魅力の「高級アルコール系シャンプー」ですが、ご自身の肌との相性や、皮脂の洗い落とし過ぎには注意したいところです。

洗浄力が高いシャンプーは皮脂汚れを落としやすい反面、頭皮の保湿維持に必要な皮脂まで洗い落としてしまう危険性もあります。皮脂は頭皮表面に皮脂膜バリアを形成し、乾燥や外部刺激から頭皮を守ってくれているため、過剰に皮脂を落とすような洗浄力の強すぎるシャンプーや、回数の多い洗髪には問題があるのです。

また、皮脂が過剰に洗い落とされると、それを補うために皮脂分泌が活発になります。「毎日シャンプーしてるのに頭皮がベタつく」という人は、皮脂の過剰分泌が原因になっている可能性があります。

洗浄力が高い、泡立ちが良い、生産スコトが安い、香りが良いなど、優れたパフォーマンスを持っているので、シャンプー市場で広く販売されています。

石鹸系シャンプー

石鹸系シャンプー

私たちが古くから愛用している石鹸系シャンプー。生分解性が高いため自然に還りやすく、環境にやさしいのが魅力です。

長所
  • 洗浄力が高い
  • 皮脂を取り除くことに優れているため、脂性肌の人向き
  • 天然の原料を使用しているため安心
  • 生分解性が高いため、環境にやさしい
短所
  • 泡立ちが悪い
  • アルカリ性なので洗い上がりの髪がゴワつきやすく、酸性のクエン酸やリンス等で中和する必要がある
  • 皮脂を取り除き過ぎる
  • 石鹸の残りカスが溜まりやすい
成分
  • 石けん素地(カリ石けん素地)
  • 石けん分(純石けん分)
  • 脂肪酸ナトリウム
  • 脂肪酸カリウム
  • ほか

リンスで仕上げを行いましょう

石鹸系シャンプーの成分はアルカリ性のため、シャンプー後の髪はアルカリ性に傾きます。人間の髪は本来弱酸性なので、アルカリ性のまま髪を放っておくと、仕上がりがキシキシしたりゴワついたりしてしまいます。髪のキューティクルが傷んでしまう原因にもなるため、酸性成分で中和させてあげる必要があるのです。

リンスは、石鹸シャンプーを使用することでアルカリ性になってしまった髪を中和~弱酸性に戻すために生まれた製品です。リンスは酸性なので中和目的であればどれを使用しても良いので、ご自身の髪質と相性のよいリンスを選ぶようにしましょう。リンスには、クエン酸リンスや酢リンスなどがあります。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプー

いま流行りのアミノ酸系シャンプー。低刺激で髪や頭皮に優しいのが魅力として話題になっています。そのイメージの良さから「アミノ酸系シャンプー」と積極的に謳って製品アピールする化粧品メーカーが増えているように感じます。低刺激で髪や頭皮に優しい反面、洗浄力は高級アルコール系シャンプーや石鹸系シャンプーに劣ります。

長所
  • 髪や頭皮への刺激が優しい
  • 保湿性が高く、髪がしっとりと仕上がる
  • フケを抑える
短所
  • 洗浄力が弱い
  • 泡立ちが悪い
  • 生産コストが高い(価格が高い)
成分
  • ココイルダルタミン酸TEA
  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ココイルメチルタウリンNa
  • ココイルグリシンNa
  • ほか

アミノ酸系シャンプーもどきに注意!

市販のシャンプーの中には、少しでもアミノ酸系成分が含まれているだけで「アミノ酸系シャンプー」と謳っている製品もあります。例えば、主成分の多くはラウリル硫酸Naなどの高級アルコール系成分なのにも関わらず、成分に少しだけココイルダルタミン酸TEAなどのアミノ酸系成分を含ませている場合がそれに該当します。

化粧品シャンプーの場合、全成分表示が義務付けられており、また成分の多い順に表記がされています。気になっているシャンプーがアミノ酸系シャンプーかどうかについては、成分表示を確認するようにしましょう。

シャンプーを探す
ボタン
シャンプーを探す
ボタン
ヘアケア用品 (基本)
サムネ画像
高級アルコール系、石鹸系、アミノ酸系 シャンプー成分の違いについて
管理人

めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

生活家電レビューとかもやってます。

お問い合わせ こちら
イメージ