美肌を保つ正しい水分摂取の方法

1日に必要な水分摂取量や、1日の中で水分不足が起こりやすいタイミングなどを分かりやすく紹介します。

サムネ画像
目次
  • 水の飲み過ぎは、肌の代謝を低下させる
  • 1日の適正な水分摂取量はどれくらいなのか?
  • 1日の中で水分を摂りたいタイミング
  • 飲み物は「温かい」ほうが体に良い
  • カフェインの摂り過ぎに注意
案内

水の飲み過ぎは、肌の代謝を低下させる

人間にとって水は欠かすことのできない物質です。それは、人体の約70%が水分で構成されていることからも分かると思います。

ただし、水の飲み過ぎには注意してください。摂取された水分は腎臓で濾過され、体内に取り込まれるか尿となって排出されますが、腎臓の機能にも処理限界があります。一般に腎臓の利尿速度は毎分16㎖といわれています。これを超えるペースで摂取された水分は腎臓で処理し切れずに体内細胞へと流れ込みます。 (むくみや水中毒を引き起こす原因

皮下にたまった水分を排出するために肌の代謝エネルギーが消費されるので、ターンオーバーの遅れなどの悪影響が出てきます。

水の飲み過ぎには注意しましょう。

1日の適正な水分摂取量はどれくらいなのか?

ヒトが生命活動を行う上で必要な水分量は、成人の場合で1日に約2~3ℓ程度とされます。

数値に幅があるのは、性別や体重、年齢によって適正な水分摂取量が変わってくるためです。あくまで目安として約2~3ℓ程度と理解しておきましょう。

コップの水

水を2~3ℓ飲むわけではないので注意

「じゃあ水を2~3ℓ飲めばいいの?」 という解釈は間違っているので注意してください。

水分は食事によっても摂取されるので、2~3ℓというのは食事も含めた水分摂取量の合計になります。その時の食事内容によって水分含有量が異なるので、正確な水分量を測ることは難しいですが、食事によって約1ℓ程度の水分を摂取していると考えればよいです。

つまり1日に摂取すべき飲み物の量は、約1~2ℓ程度ということになります。

1日の中で水分を摂りたいタイミング

1日の中でどの時間帯に水分不足が起こりやすいのか、水分摂取を行いたいタイミングを一覧にしました。

  • 起床直後
  • 食前
  • 食後
  • 入浴前
  • 入浴後
  • 就寝前

ほとんどやん!(笑)

そうです、人間が生命活動を行うとき、多くの水分が体内から蒸発または排出されているのです。特に就寝中や入浴後は水分蒸発によって体内の水分が不足している状態なので、きちんと水分摂取を行いましょう。

飲み過ぎはよくありませんが、こまめな水分摂取はとても大切です。これ以外にも、炎天下での作業後、運動後、大量に汗をかいた後など、水分不足になりやすいタイミングは日常の中で多く存在します。

脱水症状・熱中症には気を付けよう!

水

飲み物は「温かい」ほうが体に良い

飲み物の温度に関するお話です。

水分摂取量については変動因子が多すぎて、はっきり「これだけ飲んでおけばOK」なんて明確な指標はありませんが、飲み物の温度は温かいもののほうが断然良いです。

冷たい飲み物は体内を冷やしてしまうため、血流の悪化によって酸素や栄養素が肌の隅々にまで行き届かなくなります。 (肌の代謝が落ちる)

温かい飲み物

カフェインの摂り過ぎに注意

カフェインの摂り過ぎには注意しましょう。

ご存知の方も多いですが、カフェインには興奮作用・覚醒作用があるため、摂り過ぎた場合には入眠障害など睡眠への悪影響が生じます。当サイト内で何度も紹介していますが、睡眠不足はお肌のターンオーバーによくありません。当然疲れも取れないので、ストレスを抱えたまま翌日を過ごすことになります。

カフェイン含有量の多い飲み物
  • コーヒー
  • ココア
  • 紅茶
  • ウーロン茶
  • 緑茶

カフェインには利尿作用もあるので、水分摂取を目的とした飲み物には向いていないですね。一応、カフェインの摂取目安は一日400mg程度らしいです。 (コーヒーカップ3~5杯分)

カフェイン含有量は飲み物によってそれぞれ異なるので、成分表を確認する習慣をつけるようにましょう。

乾燥肌と保湿 (基本)
乾燥肌対策・保湿力アップ
サムネ画像
美肌を保つ正しい水分摂取の方法
脂性肌
管理人

めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

生活家電レビューとかもやってます。

お問い合わせ こちら
イメージ