肌トラブルの種類と原因、対処方法

日常的に起こるもの、加齢による影響の強いもの、遺伝による影響の強いものなど、項目別に肌トラブルを分類しました。

サムネ画像
目次
  • 肌トラブルの種類
  • 肌トラブルの原因と対処方法
案内

肌トラブルの種類

私たちが抱える肌トラブルには、様々な種類があります。日常生活や環境要因によって引き起こされるものから、加齢や遺伝、生理現象などによって引き起こされるものもあります。

肌トラブルの種類
日常的に起こるもの 湿疹、アトピー性皮膚炎
ニキビ、吹き出物
乾燥肌、敏感肌
肌荒れ
日焼け
加齢による影響が強い シミ、そばかす、黒ずみ
しわ、たるみ、ほうれい線
遺伝による影響が強い 脂性肌、オイリー肌
赤ら顔
サメ肌

※遺伝による影響に関しては、必ずしもそうではない場合があります。

肌トラブルの原因と対処方法

肌トラブルが引き起こされる原因と対処法についてまとめました。文章ボリュームの多いものに関しては、別ページへのリンクがありますのでそちらを参照してください。

日常的に起こるもの

日常生活において起こりやすい肌トラブル。環境要因や生活習慣などによって引き起こされるものが多い。

スキンケア

湿疹、アトピー性皮膚炎

皮膚の表面に炎症が起きている状態。赤い斑点(紅斑)が出たり、ブツブツとしたデキモノが出たりします。細菌、ハウスダスト、アレルギー物質、化学物質、花粉など、外部刺激に対して、皮膚の免疫システムが反応することで引き起こされます。免疫システムは、細菌や化学物質などを異物として認識し、体外に排出するための防衛反応を起こしますが、これが過剰に働いてしまうとアレルギー反応となって皮膚や体に変調が出てきます。

アトピー性皮膚炎は、肌のバリア機能や保湿力が低下することで肌がカサカサになったり、痒みや炎症が全身に広がってしまう症状です。痒みを伴う場合が多いため、掻き毟ることによって全身に広がったり、なかなか完治せずに慢性化しやすいのが特徴です。アトピー素子と呼ばれるアレルギー体質を持っていると、後天的な外部刺激などによってアトピー性皮膚炎になりやすいとされますが、詳しい原因についてはまだ解明されていないようです。アトピー性皮膚炎は角質層の水分低下によって肌が乾燥してしまっている状態なので、保湿クリームやワセリン(軟膏)で保湿力を高める治療法などが行われますが、慢性化してしまわないよう早めに皮膚科専門医への診療を勧めます。

手

ニキビ、吹き出物

毛穴に皮脂が詰まり、皮脂を好物とするアクネ菌などの常在菌が繁殖して炎症を起こした状態。皮脂の過剰分泌が原因で、思春期や生理期などホルモンバランスが乱れる時期に増加します。また、ストレスによって男性ホルモンのテストステロンが分泌され、皮脂腺を刺激することでニキビになる場合もあります。

乾燥肌、敏感肌

乾燥肌は、肌表面(角質層)の水分量や皮脂分泌量が減少し、肌の保湿機能バリア機能が低下してしまっている状態です。肌に潤いがないため、乾燥した砂漠のように皮膚がカサカサになります。また、外部刺激に対する抵抗力も弱まっているため、チクチクとした痛みを伴うこともあります(乾燥性敏感肌)。

肌荒れ

肌荒れという言葉はよく耳にしますが、「肌荒れ」という言葉自体には、具体性があまり感じられないように思います。肌荒れといっても、乾燥肌によるカサついた肌を肌荒れと呼んだり、アレルギー反応による皮膚炎なども肌荒れと呼ぶこともあるからです。まずはどんな症状が出ているのか、他のどの肌トラブルに近いのかなど、症状を絞り込んでみた方がよいです。

日光

日焼け

日焼けは、有害な紫外線に対して皮膚を守るためにメラノサイトが反応し、表皮奥にメラニン色素を沈着させる黒化現象(サンタン)です。メラノサイトの働きについては遺伝による影響が大きく、人によってはヤケドのように赤く炎症(サンバーン)を起こして終わってしまう場合もあります。

表皮奥にできた色素沈着は、肌の新陳代謝(ターンオーバー)によって徐々に体外に排出されますが、日焼けのし過ぎであったり、加齢によって新陳代謝サイクルが遅れてしまうなどの原因で、色素沈着が消えずにシミやそばかす、黒ずみとなって残ってしまう場合があります。

加齢による影響の強い

加齢によって発現する肌トラブル。年齢を重ねることで当然に起こる生理現象なので、予防や根本的な対処は難しい。

肌

シミ、そばかす、黒ずみ

シミやそばかすの原因は、日焼けなどによって表皮奥に沈着したメラニン色素が、排出されずにそのまま残ってしまうことによります。メラニン色素の沈着による肌の黒化は、通常であれば肌の新陳代謝によって徐々に体外へ排出されますが、加齢による新陳代謝サイクルの遅れや、表皮の下の真皮にまで色素沈着が及んでいる場合などには、排出されずにそのままシミやそばかす、黒ずみとなって残り続けます。

黒ずみは、シミやそばかすと同様にメラニン色素の沈着が原因である場合や、毛穴に皮脂汚れなどが詰まっていることで黒ずんで見える場合があります。(いちご鼻など)

しわ、たるみ、ほうれい線

しわやたるみは、加齢によって皮膚の筋肉が衰えたり、真皮中のコラーゲンやエラスチンといった水分保湿に関わる成分が減少してしまうことが原因で主に引き起こされます。たるにみ関しては、脂肪分の摂り過ぎによって体重過多・肥満になっている場合もあります(二の腕のたるみなど)。また、年齢にあまり関係なく若い人でも現れる症状として、肌が部分的に乾燥することにより引き起こされる乾燥小ジワもあります。

ほうれい線は、たるみが起こることで併発する症状です。筋肉の衰えや保湿成分の低下によって肌がたるんでしまうと、皮膚が伸びきったり部分的に寄り合わさってほうれい線ができてしまいます。

加齢による生理現象のため根本的に対処するのは難しいですが、日頃から保湿ケアを心掛けたり、ビタミンB2ビタミンCなど美容に良いとされる栄養素の積極摂取、質の良い睡眠を取って肌の新陳代謝を高める、ストレスを溜め込まない生活を送るなど、自身の努力次第で肌年齢を若返えらせることが可能になります。

保湿ケア

遺伝による影響の強い

遺伝によって発現する肌トラブル。個人差があるため、全く罹らない場合もあり。

遺伝子

脂性肌、オイリー肌

脂性肌は、皮脂が過剰分泌されることで顔に皮脂テカりが目立ったり、お風呂に入ってもすぐに体のベタつきが起こるなどの症状があります。皮脂が過剰分泌される原因には、動物性脂肪の多い食事を摂っている、思春期や生理期におけるホルモンバランスの乱れなどがあります。また、遺伝によって脂性肌に悩まされている方も多いです。特に脂性肌持ちの方は、思春期など成長ホルモンが活性化する時期にその症状が酷くなる傾向にあります。

赤ら顔

赤ら顔は、顔のおでこや頬などが赤く染まって見えてしまう症状です。赤ら顔の原因には、もともと皮膚が薄かったり、真皮層にある毛細血管が拡張して浮き出ることによって引き起こされる毛細血管拡張症と呼ばれる状態や、過剰な皮脂分泌が肌に炎症を引き起こす脂漏性皮膚炎と呼ばれる状態など、その原因はいくつか分類されます。毛細血管は、外気の寒暖差に応じて拡張・収縮を繰り返すことで、皮膚の温度が一定になるように体温調整を行っていますが、寒い場所から急激に暖かい場所で移動した場合などには、血管の拡張が戻らずに赤ら顔になることがあります。遺伝体質的に皮膚が薄かったり、毛細血管が多いなど、先天的な影響による場合もあります。治療に関しては、毛細血管にレーザーを照射する治療法などがあります。

雪遊び

サメ肌

毛穴が隆起して赤いブツブツができたり、肌の乾燥や角化によって皮膚がザラザラとした質感を帯びる症状。毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)とも呼ばれており、二の腕や足の脛(すね)などにできたりします。私も冬場、足の脛(すね)にかぶれのような赤みを帯びたブツブツができる症状に数年悩まされたことがあります。サメ肌なのか、冬場の湿疹・皮膚炎だったのか定かではありませんが、出来るだけ患部を搔かないようにし清潔に保つことで、春先には消えるといった状況を数年間繰り返していました。その頃は20代前半でしたが、加齢によって症状が出なくなりました。乾燥を原因とする場合や、毛穴に皮脂が詰まって炎症を起こす場合など、原因が様々あるようです。心配であれば、皮膚科専門医に相談してみるのが一番良いかと思います。

肌トラブル
サムネ画像
肌トラブルの種類と原因、対処方法
管理人

めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

生活家電レビューとかもやってます。

お問い合わせ こちら
イメージ