水の如く、しなやかに。

スマホを持ったら最初に設定しておきたいこと、セキュリティ対策など

スマホを持ったら最初に設定しておきたいことをまとめました。
  • WiFiの優先接続
  • Apple IDの発行(登録)
  • Appleメールの差出人(名前)を変更する
  • ドコモメールの設定(ドコモの人用)
  • ノートンやウイルスバスターなどのセキュリティソフト

WiFiの優先接続

スマホのパケット消費を抑えるための設定です。自宅に無線LAN(WiFi)がない人は行う必要がありません。

wifi(スマホ画面)

多分、これがスマホを持ったら最初に設定すべきことです。

Apple IDの発行(登録)

「Apple ID? なんじゃそりゃ要らん」と私も最初は思ってましたが、これがないとAppleストアからアプリをダウンロードできません。

例えばウイルスバスター(モバイル)、050plusなどのアプリをインストールするには、Apple IDが必要です。

(これらのアプリは元々使う予定だったので、Apple IDを発行しました)

apple idの発行手順1

Apple IDの発行方法は、NTTドコモや公式ページを参照してください。

多分、名前や生年月日は本人のものを入力した方がよさげです。(有料アプリの引き落とし設定などに影響しそう)

Apple IDを発行することで得られるもの
メールアドレス @icloud.comの無料メールアドレスを取得できます。
パスワード Apple IDにサインインするためのパスワードを得ます。アプリをダウンロードする際にもこのパスワードを聞かれるので、使う機会は多いです。

Appleメールの差出人(名前)を変更する

Apple IDを発行して得られる○○○@icloud.comでメール送信を行う場合、デフォルト設定だと差出人にApple IDの登録者名が表示されてしまいます。これかなりセキュリティ・プライバシー的にマズいんで、差出人名は変更しておくことを勧めます。

Appleメール

ドコモメールの設定(ドコモの人用)

ガラケーを使っていた時に使用していた○○○@docomo.ne.jpのメールアドレスを引き続き使用したい場合、「ドコモメールの設定方法」があります。

ドコモメールの設定方法については、公式サイトを確認してください。私が設定したときは、WiFiからアクセスできなかったので、4G(要するにパケット通信)で接続する必要がありました。

ドコモメールを設定すれば、ガラケーからスマホに機種変更しても○○○@docomo.ne.jpを使用し続けることができます。(たしか無料)

ドコモメール

Appleメールとの共存も可能です。

ノートンやウイルスバスターなどのセキュリティソフト

スマホをセキュリティ被害から守るアプリをインストールします。

ウイルスバスター

携帯会社でもセキュリティサービスを受けられますが、それでは不安という人向けです。

スマホのセキュリティソフトがどんなことをしてくれるのか詳細は知りませんが、有害URLのブロックや悪意のあるプログラムがインストールされるのを防いでくれるのだと思います。

私の場合、パソコン用に買ったウイルスバスターの利用デバイスに空きがあったので、その枠を使ってスマホにもウイルスバスター(モバイル)をインストールしました。

(ウイルスバスターは年間4,000円を支払えば、端末3台まで同ソフトをインストールできます)