水の如く、しなやかに。

WiFiってなに? 4Gとの違いは?

超簡単に説明すると、WiFiは特定の場所で利用できる無線電波、4Gは携帯会社が張り巡らせている通信電波(パケット通信)のことです。
  • スマホ初心者が最初にぶつかる壁?
  • WiFiは無線LAN接続、4Gは携帯キャリアが提供する通信接続(パケット通信)
  • WiFiと4Gの接続範囲(イメージ)
  • WiFiは無料、4Gはパケット(データ通信料)が掛かる
  • パケットを節約するコツは、WiFiを優先的に利用すること
  • 【補足】5G・6Gは、4Gの進化系

スマホ初心者が最初にぶつかる壁?

WiFiとか4G(5G、6G)って、スマートフォンを持ったことがない人・インターネット初心者が最初にぶつかる壁なんでしょうかね?

私は何となく理解していたので大丈夫でしたが、例えばスマートフォンを初めて持つ中高生やガラケー組は、WiFiと4Gの違いについて最初は結構混乱するんじゃないだろうか。

多分、スマホショップの店員も説明に時間を食いそうな部分だと思う。

wifi4g

WiFiは無線LAN接続、4Gは携帯キャリアが提供する通信接続(パケット通信)

私が理解している範囲でWiFiと4Gの違いを説明するのなら、WiFiは無線LAN接続の一種で、4Gは携帯キャリア(会社)が提供する通信接続のことです。

もっとかみ砕いて説明すると、家や公共施設など特定の場所で飛び交ってる電波がWiFi(無線LAN)、NTTドコモやソフトバンクなどの携帯キャリアが発信している電波が4Gです。

WiFi(無線LAN) 家や公共施設など特定の場所で発信している電波。無線電波を発信するアクセスポイント(無線親機)が存在し、電波の届く一定の範囲内でインターネット接続が可能になる。
4G(5G・6G) 携帯キャリアが発信している電波。携帯キャリアが提供する接続範囲内であればどこでもインターネット接続が可能。(パケット通信)

どちらもインターネット接続をするための電波になります。

WiFiと4Gの接続範囲(イメージ)

wifiの接続範囲 4gの接続範囲

WiFiは無料、4Gはパケット(データ通信料)が掛かる

WiFiを接続すること自体は無料です。ただし自宅の場合、家でのインターネット利用にプロバイダ契約をしているので、無料というのはニュアンスが異なりますが。家でなくとも、公共施設やショッピングモール、駅や店内でWiFiを無料開放している場所もあるので、そこであれば完全無料でインターネット接続ができます。

4Gは携帯キャリアが提供する通信接続なので、パケット(データ通信料)が掛かります。使いすぎると「パケ死」するのは、4Gによるインターネット接続のことです。

パケットを節約するコツは、WiFiを優先的に利用すること

4Gは有料、WiFiは無料ということは、スマホ料金を抑えるには出来るだけWiFi接続を行うことが大事だということです。自宅でのWiFi切替方法などについては以下で紹介しています。

【補足】5G・6Gは、4Gの進化系

4Gという言葉以外にも、5Gや6Gという言葉を耳にすることがあります。これらは次世代通信システムのことで、要するに4Gの進化系と考えれば良いと思います。

(4Gでできなかったことが、5Gや6Gではできるようになるイメージ。具体例は知りません。)

かみ砕いて書きましたが、WiFiと4Gの違いはこんなところです。ちなみに現在スマホがどちらの接続になっているのかは、画面上部の接続アイコンを見れば分かると思います。

wifi(スマホ画面) 4g(スマホ画面)

(※iPhoneXRの画面)