水の如く、しなやかに。

自宅でWiFiを優先接続する方法(iPhone)

自宅でWiFiを優先接続するための設定方法です。
  • データ通信量(パケット)を節約するために必須の設定
  • 自宅でWiFi接続するための条件
  • 自宅でWiFiを優先接続する方法(iPhone)
  • さいごに

データ通信量(パケット)を節約するために必須の設定

スマホの利用料金を抑えるためには、データ通信量(パケット)を節約することが必須です。

そのためには、出来る限りWiFi(無線LAN接続)を活用することが重要となります。

WiFiが利用できる環境下であれば、WiFi接続自体は無料(スマホで支払うパケットが掛からない)だからです。

自宅でWiFi接続するための条件

自宅でインターネット回線を契約しており、なおかつ無線LAN(WiFi)を飛ばしてネット利用している人は、スマホから自宅の無線LAN(WiFi)に接続することができます。

条件
  • 自宅でインターネット回線契約をしている。
  • 無線LAN(WiFi)を飛ばしてネット利用している。

ちなみに無線LANとWiFiとの違いですが、無線LANの分類の中に、WiFiという規格(接続方式)があるという認識でOKです。

WiFiが使えるのなら、WiFiに切り替えないと無駄なパケットを消費する

自宅でWiFi接続できるのに、わざわざ料金の掛かるパケットを利用するのは勿体ないですよね。

WiFi

自宅でWiFiを優先接続する方法(iPhone)

それでは本題に入りましょう。私はiPhone(XR)なので、これから書くことはiPhoneにおけるWiFi設定方法になります。機種によって微妙に設定画面が異なるかもしれませんが、基本的な設定方法は同じだと思います。

1. 接続方式を確認する

現在の接続方式が、WiFiなのか4G(パケット通信)によるものなのかを確認するには、スマホの上部を見ることで簡単に分かります。

スマホ画面
4g(スマホ画面)

(現在の接続方式が、4G(パケット通信)の場合)

wifi(スマホ画面)

(現在の接続方式が、WiFiの場合)

接続が4Gになっている場合、パケットを食うのでWiFiに切り替えましょう。

2. 設定→WiFi をタップ

WiFi優先接続の設定

3. WiFiをONにし、接続先を選択する

WiFi優先接続の設定2

自宅の無線LANには、それぞれネットワーク名(SSID)が存在するので、WiFi電波が飛んでいれば自宅のSSIDを拾えるはずです。

ネットワーク名(SSID)の調べ方は、無線LAN本体の裏側や、購入時のマニュアル等に同封されているはずです。

4. 暗号化キー(パスワード)を入力する

WiFi優先接続の設定3

一般的な無線LAN接続では、無線電波の利用に認証パスワードが必要になります。

(逆に認証パスワードがないと、第三者が無制限に利用できてしまう)

認証パスワードに暗号化キーを入力します。暗号化キーもSSIDと同様、無線LAN本体の裏側や、購入時のマニュアル等に同封されているはずです。

暗号化キー

NEC製の無線LANは裏側にSSID・暗号化キーが書いてありました。BUFFALO製のものは、本体裏側には書いてありませんでした。(購入時に同封されているステッカーに記載されていた)

5. アイコンがWiFiに切り替わったのを確認する

wifi(スマホ画面)

スマホ上部のアイコンが、4GからWiFiに切り替わります。

さいごに

これでWiFi優先接続の設定方法は終了です。

WiFiの電波が届かない場所まで移動すると、自動で4G(パケット通信)に切り替わります。

再びWiFiの電波が届く自宅に戻ると、自動でWiFiに切り替わるはずです。もし切り替わらない場合、スマホ側のWiFi受信設定が「自動接続」になっているか確認してみてください。

自動接続