シミができる原因は何?

シミは、メラニン色素の沈着のよる皮膚トラブルです。加齢やストレス等で肌の新陳代謝が低下すると、メラニン色素が体外に排出されずにシミとして残ってしまうことがあります。

サムネ画像
目次
  • シミとは
  • シミができる原因
  • シミができる原因 まとめ
  • シミとそばかすの違い
案内

シミとは

シミとは、人の肌にできる茶褐色の色素斑(きしそはん)のことです。大きさや形、できる場所は人によって様々ですが、目立ちやすい顔のほか、全身にもできます。特に加齢によって顔にできるシミは、目立つ上に見た目の年齢を押し上げてしまうため、一般に好まれません。

加齢による肌の代謝機能(ターンオーバー)の低下、紫外線によるダメージの蓄積など、後天的に発症するケースが多いです。特に若い頃の無茶な日焼けや、アフターケアを怠ったりした場合、年齢を重ねたあとにシミとなって発現するリスクが高まります。

また、ニキビの炎症が原因でできるメラニン色素の沈着、30代から増え始めるホルモンバランスの乱れを原因とした肝斑(かんぱん)なども、シミの一種になります。

シミ

シミができる原因

シミができる原因には、一体どんな項目が挙げられるのでしょうか。

老人性色素斑

日光黒子(にっこうこくし)とも呼ばれている症状で、顔・背中・腕・手の甲など紫外線を浴びやすい場所にできるのが特徴です。これまで紫外線を浴び続けたことによるダメージの蓄積が原因で、40代以降に時間差となって表れ始めます。

強い紫外線は人体に有害であるため、人の肌は紫外線を浴びると肌のメラノサイトが活性化し、肌細胞を守る防衛反応としてメラニン色素を大量分泌します。通常であれば、皮膚中のメラニン色素は肌の新陳代謝(ターンオーバー)によって徐々に排出されるのですが、加齢による新陳代謝の低下や、これまで浴びた紫外線のダメージ蓄積によって、メラニン色素が排出されずシミとして残ってしまいます。

肌の細胞 メラノサイト

メラノサイトは、表皮の最下層にある基底層と呼ばれる場所に分布しています。

肝斑(かんぱん)

30~40代の女性にできるシミで、頬骨のラインや頬全体、鼻や口の周りに左右対称に出てくるのが特徴です。女性ホルモンが関係しているとされており、また、黄色人種(アジア人)に多く発症するとされます。30~40代にその発現がピークを迎え、妊娠中やピルの服用によって出現することもあります。50歳前後に迎える閉経と共に、シミが薄くなったり消えて自然治癒する場合もあります。

肝斑

ニキビ跡

ニキビとシミは一見すると関連性がないように思えますが、ニキビが原因でシミができることもあります。ニキビで肌の炎症が引き起こされる際、紫外線を受けたときと同様に肌のメラノサイトは防衛反応を起こし、メラニン色素の大量分泌を促します。 (メラニン色素の沈着によるシミ)

またニキビが特にひどい場合、ニキビ跡が真皮まで到達して傷を残し、クレーターと呼ばれる凹凸(おうとつ)が残ってしまうこともあるので注意が必要です。

ニキビ跡

シミができる原因 まとめ

  • シミは、加齢や紫外線の影響によって刺激を受けたメラノサイトが、メラニン色素を沈着させることで生じる後天的な皮膚トラブル
  • メラニン色素は肌の新陳代謝によって徐々に排出されるが、加齢やホルモンバランスの乱れ、ストレスなど様々な要因によって肌の新陳代謝が低下すると、排出されずにシミとして残ってしまう。

シミとそばかすの違い

シミとそばかすの違いについては、下記リンク先を参照ください。

どうしてシミ・そばかすが出来てしまうの?
サムネ画像
シミができる原因は何?
ケア対策
管理人

めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

生活家電レビューとかもやってます。

お問い合わせ こちら
イメージ