若い頃の日焼けダメージは、年を取ったときに一気に現れる (紫外線の蓄積)

「ある日突然、シミが増えだした・・・」という方は、紫外線ダメージの蓄積が原因かもしれません。

サムネ画像
目次
  • 日焼けのメカニズム (肌が日焼けする理由)
  • 紫外線ダメージは蓄積する!?
  • 加齢によっても、メラニン色素の排出能力は衰える
  • 紫外線は浴びないに越したことはない
案内

日焼けのメカニズム (肌が日焼けする理由)

プールや海水浴に出掛けると、肌が真っ黒に日焼けしますよね。日焼けした小麦色の肌は健康的なイメージがありますが、実際に私たちの皮膚内部ではどんなことが起こっているのでしょうか。

日焼け

肌を黒くするメラノサイト

私たちの肌が紫外線を浴びて日焼けするのは、皮膚内部にあるメラノサイトという色素細胞の働きによるものです。

メラノサイト

紫外線はエネルギーを持った電磁波なので、当然長く浴び続ければ人体に有害です。人間が紫外線を浴びると、肌の基底層に分布しているメラノサイトが反応してメラニン色素を作ります。

メラニン色素

生成されたメラニン色素が角質層を茶色く変色させることで、肌が日焼けする。 (小麦色の肌)

日焼けした肌は防衛力アップ!

日焼けで肌が黒くなるのは、紫外線が皮膚内部にまで到達するのを防ぐ目的があります。基底層より下には真皮や皮下組織、毛細血管などがあります。これらの組織にまで紫外線が及ばないよう、メラニン色素がカーテンを敷いてブロックしてくれているのです。

日焼けは立派な防衛反応なんです。

紫外線ダメージは蓄積する!?

いくらメラニン色素がブロックしてくれるからといって、紫外線の浴び過ぎには注意しましょう。

ある日突然、シミが増えだした・・・」という経験をされた方も居るかと思いますが、その原因は紫外線ダメージの蓄積によるものかもしれません。

紫外線の蓄積

紫外線を浴びることで生成されたメラニン色素は、通常であれば肌のターンオーバーによって1ヶ月ほど掛けて徐々に体外に排出されます。ところが加齢や紫外線ダメージの蓄積が原因で、メラニン色素が正常に排出されず体内に残ってしまうことがあります。 (シミの原因

紫外線はエネルギーを持った電磁波なので、浴び続けることで皮膚内部のDNAに傷をつけます。これが30年も40年も蓄積されていくと、遺伝子に深刻なダメージが及んでしまいます。

「ある日突然、シミが増えだした」のは、そのリミットに達してしまったことが原因かもしれません。

加齢によっても、メラニン色素の排出能力は衰える

メラニン色素は肌のターンオーバーによって徐々に体外に排出されることは前述しましたが、年齢を重ねることでこの排出能力は衰えていきます。

肌の新陳代謝サイクル(ターンオーバーサイクル)は、成人の場合ではおおよそ28日間とされます。この間に角質層の角質細胞は全て入れ替わるので、メラニン色素も自然と体外に排出されていきます。ところが肌の新陳代謝サイクルは加齢によって徐々に遅くなっていくので、年齢を重ねるごとにシミができやすい(残りやすい)肌になっていきます。

また基底膜が衰えることで、メラニン色素が真皮にまで落ちてしまうケースもあります。真皮ではターンオーバーが行われていないので、真皮に落ちてしまったメラニン色素はシミとなって体内に残り続けてしまいます。

鏡を見つめる女性

紫外線は浴びないに越したことはない

日光浴をすると骨が丈夫になるといわれますが、これは日光浴によって皮膚内部のビタミンDが活性化され、カルシウム沈着が促されることが理由に挙げられます。このように紫外線を浴びるメリットも一部ありますが、基本的に紫外線は浴びないに越したことはないです。

人体にとってメリットよりもデメリットの方がはるかに多いからです。

紫外線が人体に及ぼす悪影響
  • 肌の老化 (シワ、たるみ、シミなど全般)
  • 肌のやけど (サンバーン)
  • 皮膚ガン
  • 目の充血、角膜の炎症、白内障

夏など日差しの強い日は、きちんとUVケアをしてから外出しよう!

どうしてシミ・そばかすが出来てしまうの?
サムネ画像
若い頃の日焼けダメージは、年を取ったときに一気に現れる (紫外線の蓄積)
ケア対策
管理人

めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

生活家電レビューとかもやってます。

お問い合わせ こちら
イメージ