日焼けしてしまった場合の肌ケア、ヒリヒリを和らげる方法

日焼け止めの塗り忘れや、急な晴天などの天候変化など、予期せず日焼けの被害に遭ってしまうこともあります。ここでは、日焼けをしてしまった場合のアフターケアについて紹介したいと思います。

サムネ画像
目次
  • 紫外線が肌に及ぼす影響
  • 日焼けをしてしまった場合の肌ケア
案内

紫外線が肌に及ぼす影響

紫外線が肌に及ぼす影響には、以下のような症状があります

領域 影響
UVA シワ、たるみ、シミ
UVB 日焼け、肌荒れ、乾燥肌、シミ

紫外線は波長の長さによってUVA・UVB・UVCに分類されます。私たちの肌まで到達する紫外線は、UVAUVBの2種類です。

肌の弱い人に起こりやすい赤い炎症「サンバーン」

日焼けの症状は、2種類の状態を経て進行します。

初めに起こる症状が、肌が赤くヒリヒリと炎症を起こすサンバーンとよばれる状態です。これは肌が強い紫外線によってやけどをしている状態で、ヒリヒリとした痛みを伴います。

サンバーン

肌が黒化する「サンタン」

赤く炎症した後に起こるのが、皮膚のメラノサイト(色素生成細胞)の働きによってメラニンが生成され、肌が黒化するサンタンとよばれる状態です。日焼けで印象的な小麦色の肌は、メラノサイトの働きで起こる黒化現象によるものです。

肌の黒化は、紫外線が細胞DNAを傷つけることで起こる皮膚ガンから身を守ってくれます。

私は遺伝的にメラノサイトの働きが弱く、肌が赤くなるだけで終わってしまうタイプなので、皮膚ガンのリスクが普通の人よりも高いといえます。小麦色に焼けた健康的な肌に憧れますが、無理してまで日焼けしようとは思いません。

夕日

日焼けをしてしまった場合の肌ケア

外で活動している限りは、紫外線による日焼けのリスクが伴います。日焼け止め・UVケア化粧品を塗ったり、サングラスをする、帽子を被る、長袖を着ることなどで、肌に当たる紫外線を和らげることはできますが、それでも日焼けを完全に防ぐことはできません。

日焼け止めの塗り忘れや、急な晴天などの天候変化など、予期せず日焼けの被害に遭ってしまうこともあります。ここでは、日焼けをしてしまった場合のアフターケアについて紹介したいと思います。

肌ケア

赤い炎症は、やけど症状と同じ

日焼けには2種類の状態があることは先に説明した通りです。ヒリヒリと痛みの伴う赤い炎症(サンバーン)は、やけど症状と同じ状態です。やけどした肌は熱を帯びているので、すぐさま冷やしてクールダウンするようにしましょう。

  • 冷水や濡れタオルで患部を冷やす
  • 冷たいシャワーを浴びる
  • 氷を当てる
  • サンケアローションを塗る

過剰な刺激を与えないように、そっとしておく

ヒリヒリとした肌はかゆみを伴うこともありますが、かゆくても絶対に刺激は与えないようにしましょう。患部をかいたり、過剰な洗顔、メークや化粧品を塗るのも控え、刺激を与えずそっとしておいた方が良いです。肌の炎症具合によっては水ぶくれが起こることもあります。水ぶくれの治りが遅いなど気になる場合は、専門医の助言を仰ぐようにしましょう。

UVケア用品を探す
ボタン
UVケア用品を探す
ボタン
UVケア (基本)
日焼け止め
サムネ画像
日焼けしてしまった場合の肌ケア、ヒリヒリを和らげる方法
紫外線対策 (洋服ほか)
お役立ち情報
管理人

めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

生活家電レビューとかもやってます。

お問い合わせ こちら
イメージ