日焼け止めの種類、選び方

UVB・UVA共に高い効果を期待したいのであれば、「SPF 50+」、「PA ++++」のUVケア化粧品を選べば良いということになります。クリームタイプ、乳液タイプなど、種類も豊富にあります。

サムネ画像
目次
  • SPFとPAって何?
  • 生活シーンに合わせた日焼け止めを
  • 紫外線防止成分
  • 日焼け止めの種類
案内

SPFとPAって何?

日焼け止めなどのUVケア化粧品には、「SPF 50+」や「PA ++++」といったような表記を目にします。

SPFとPA

SPFとは

SPF

SPF(Sun Protection Factor)は、UVBの防止効果を表しており、数値によってその効果を表記しています。「SPF 20」、「SPF 30」といったような表記がされており、「SPF 50+」が最大です。SPF測定値が50よりも上のものは全て「50+」として表記されます。

UVBは主に肌の表面へ影響を及ぼす紫外線で、肌表面が赤くなる炎症(サンバーン)を引き起こす原因となります。

PAとは

PA

PA(Proteciton Grade of UVA)は、UVAの防止効果を表しています。「+」の数によって効果が分類されており、「PA +」、「PA +++」のように表記されます。「+」の数は1~4までで、「PA ++++」が最大です。

UVAは透過性の高い紫外線で、肌の奥の真皮にまで到達してシワやたるみ、肌の黒化の原因となります。

PAの種類と効果
PA + UVA防止効果がある
PA ++ UVA防止効果がかなりある
PA +++ UVA防止効果が非常にある
PA ++++ UVA防止効果が極めて高い

初めての方へ

言葉だけでの表記ではかなり曖昧な印象を受けますが、UVB・UVA共に高い効果を期待したいのであれば、「SPF 50+」、「PA ++++」のUVケア化粧品を選べば良いということになります。実際にUVケア化粧品の売れ筋ランキング上位に来るのは、「SPF 50+」、「PA ++++」のUVケア化粧品が多いです。

「紫外線の影響をしっかりガードしたい」、「初めてでどれを選んだら良いか分からない」、という方々は、高い効果が期待できる「SPF 50+」、「PA ++++」のUVケア化粧品から始めてみてはいかがでしょうか。もっとも、化粧品と肌との相性もあるので、いくつか試してみて自分の肌に合ったUVケア化粧品を選んでいくことになると思いますが。

紫外線防止の効果を調整してみたいというのであれば、徐々に「SPF」や「PA」の値を落としていくのも手だと思います。

生活シーンに合わせた日焼け止めを

日常生活に対する「SPF」や「PA」の数値目安に関しては、日本化粧品工業連合会による指標があります。

SPFとPAの指標

紫外線量は、場所や生活シーンによって大きく変わってきます。

天気の良い日に外で散歩や買い物に出掛ける程度の活動であれば、UVケア化粧品を塗る必要性はあまり感じません。私は肌が弱く、紫外線によってすぐに肌が赤く炎症してしまう体質ですが、日常生活や軽い外出にUVケア化粧品を塗らなくても肌に影響はほとんどありません。

ただし、炎天下と呼ばれるような夏場の強い日差しに、長時間に渡って晒されるような場合は、かなり気を付けています。そういった場合には、「SPF 50+」、「PA ++++」の紫外線防止効果が高いUYケア化粧品を使っています。

紫外線防止成分

日焼け止め(UVケア化粧品)には、紫外線防止成分が含まれています。成分の特徴として、主に2種類の成分に分類することができます。

波紋

紫外線吸収剤

「紫外線吸収剤」は、成分そのものに紫外線を吸収する効果があり、肌の表皮細胞にまで紫外線が到達するのを防いでくれます。吸収された紫外線は熱に変換されるので、周囲の温度は上昇します。

紫外線散乱剤

「紫外線吸収剤」は、紫外線を乱反射させて照射方向を変える効果があります。紫外線を弾くことによって肌の表皮細胞への到達を防いでくれます。

日焼け止めの種類

日焼け止めには様々なタイプがあります。肌への馴染みやすさ、肌との相性、持ち運びやすさ、塗りやすさなど、自分の使いたいシーンに合わせた日焼け止めタイプを選ぶとよいでしょう。

クリームタイプ

最もスタンダードで人気も高いのがクリームタイプ。保湿力が高く、乾燥肌や敏感肌の方へオススメです。化粧下地として使えるものも多い。高い保湿力に期待できる反面、保湿成分となる油分量が多く、毛穴に油分が詰まりやすいので、しっかりと洗顔をしてクリームを落とすようにしましょう。

日焼け止めクリーム(検索)
日焼け止めクリーム(検索)
ボタン
ボタン

乳液タイプ

肌に馴染みやすく負担が少ないのが乳液タイプ。クリームタイプに比べて水分量が多く、油分量が少ないため塗りやすく、乳液成分を肌に伸ばしやすい特徴があります。時間を掛けずにさっと塗りたい人にもオススメです。べたつきにくいので、快適に使用できます。

日焼け止め乳液(検索)
日焼け止め乳液(検索)
ボタン
ボタン

ローションタイプ

UVローションともいわれるこのタイプは、化粧水成分を含んでいる製品も多く、毎日のスキンケア用に使用することで自然とUVケア効果が期待できます。紫外線を意識することなく毎日使用できるので習慣化もしやすく、紫外線のトータル量を抑えることができます。SPF・PA値はそこまで高くないので、紫外線が特に強い日などにはSPF・PA値の高い別の日焼け止めを併用するのが良いかもしれません。

日焼け止めローション(検索)
日焼け止めローション(検索)
ボタン
ボタン

ジェルタイプ

乳液やローションよりも粘性が高いのがジェルタイプ。ジェル状なので手に含ませやすく、また全体に伸ばしやすいので塗り残しが起こりにくい特徴があります。また、油分の多いクリームタイプと異なり、油分ゼロで全然ベタつかず、軽い使用感の製品もあります。

日焼け止めジェル(検索)
日焼け止めジェル(検索)
ボタン
ボタン

パウダータイプ

メイクの上から何度でも塗り直しができるのがパウダータイプ。肌の色に近いものから透明色のものまで、いくつかタイプを選ぶことができます。日焼け止めは使いたいけどメイク崩れが気になるという女性の方にオススメです。

日焼け止めパウダー(検索)
日焼け止めパウダー(検索)
ボタン
ボタン

スプレータイプ

手軽さという点で一番人気なのがスプレータイプです。手を汚すことなく日焼け止めを吹きかけられるのが嬉しいですね。手間も時間も掛からないので、日焼け止めの塗り直しも簡単です。スプレーなので塗りムラが起こりすい点は注意が必要です。

日焼け止めスプレー(検索)
日焼け止めスプレー(検索)
ボタン
ボタン

スティックタイプ

スティックタイプも手を汚さず気軽に塗ることができます。スプレーと違って自分で塗り加減を調整できるので、塗りムラも起こりにくいです。鼻の頭など、紫外線が強く当たるポイントを重点的に塗れるのが良いですね。

日焼け止めスティック(検索)
日焼け止めスティック(検索)
ボタン
ボタン

ウォータープルーフタイプ

防水性に富んだ加工がされたものを、ウォータープルーフといいます。ウォータープルーフのUVクリーム、ウォータープルーフのUVローションなど、付加効果として製品に記載されることが多いです。ウォータープルーフタイプは、肌に塗った日焼け止め成分が汗や水で落ちにくいので、塗り直しの心配が減ります。

日焼け止めウォータープルーフ(検索)
日焼け止めウォータープルーフ(検索)
ボタン
ボタン
UVカット・日焼け止めを探す
ボタン
UVカット・日焼け止めを探す
ボタン
UVケア (基本)
日焼け止め
サムネ画像
日焼け止めの種類、選び方
紫外線対策 (洋服ほか)
お役立ち情報
管理人

めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

生活家電レビューとかもやってます。

お問い合わせ こちら
イメージ