紫外線対策・日焼け防止に買っておきたい洋服の基本 (UVカット加工)

紫外線対策グッズの基本。とにかく素肌の露出を控える装備を整えましょう! (見た目よりも機能性重視)

サムネ画像
目次
  • 紫外線対策とコーディネートの基本 (配色)
  • UVカット率は高ければ高いほど良い
  • 紫外線対策をするには、太陽に当たる素肌の面積を減らすのが一番
  • 紫外線対策グッズ (洋服編)
案内

紫外線対策とコーディネートの基本 (配色)

紫外線と洋服の配色の関係性についてですが、基本的に白色の生地よりも黒色や紺色の生地の方が紫外線防止効果が高いとされます。ただし、黒色には日光を吸収する性質があるため、白色の生地よりも熱を帯びやすいという特性もあります。(つまり夏場は暑い)

服 黒

紫外線防止の観点から見ると黒色・紺色など暗い配色がベターですが、機能性の観点からは白色など明るめの色が良いということです。

紫外線対策 黒色や紺色などの暗めの色を選んだほうが良い。
暑さ対策 白色などの明るめの色を選んだほうが良い。

悩ましい!

UVカット率は高ければ高いほど良い

最近は洋服や日傘など色々な製品に「UVカット加工」なる技術が利用されていますが、UVカット率は高ければ高いほど良いです。UVカット率99%以上の製品もよく見掛けるので、そういった表記があれば尚良い。

ちなみにUVカット率と遮光率は異なるので注意しましょう。UVカット率は紫外線のみを遮蔽する能力、遮光率は光そのものを遮蔽する能力です。UVカット率が99%以上あっても、光が漏れている製品に問題がないのはそのためです。

UVケア商品

紫外線対策をするには、太陽に当たる素肌の面積を減らすのが一番

夏は開放的になりがちですが、素肌の露出には注意しましょう。一応、「SPF 50+」「PA ++++」の日焼け止めを塗っていれば素肌でもある程度日焼け防止効果はありますが、やはり衣服で素肌を覆ってしまう方が効果は高いです。日焼け止めを塗った上にUVカット加工の衣服を着れば、より紫外線防止効果も高まりますね。

夏

紫外線対策グッズ (洋服編)

紫外線対策グッズの基本。とにかく素肌の露出を控える装備を整えましょう! (見た目よりも機能性重視)

帽子 (サンバイザー)

帽子・紫外線(検索)
帽子・紫外線(検索)
ボタン
ボタン

日差しの照り返しを考えると、帽子の内側の生地は白色以外が良いです。(白色は光を反射するため、照り返しの日差しが内側で乱反射してしまいます)

フェイスマスク

フェイスマスク・紫外線(検索)
フェイスマスク・紫外線(検索)
ボタン
ボタン

顔面は紫外線の照射を一番受ける箇所です。また人と会話するときに一番目立つのが顔の日焼けです。顔はUVケアで最も重要な箇所なので、フェイスマスクや日焼け止めで二重の対策をしましょう。

ネックカバー (ネックウォーマー)

ネックカバー・紫外線(検索)
ネックカバー・紫外線(検索)
ボタン
ボタン

首元を保護するネックカバー。冬場には防寒着としても使えます。幅広のフェイスマスクで首元までカバーできるのであれば必須ではありません。おしゃれアイテム要素の方が高い。

アームカバー (手袋)

アームカバー・紫外線(検索)
アームカバー・紫外線(検索)
ボタン
ボタン

自動車を運転される方はアームカバーがおすすめ。運転席の右側から日光が差し込んでくるので、知らず知らずの内に右腕だけ日焼けしてしまうこともよくありますよね。日傘とのビジュアル相性良し。

タイツ、ストッキング

タイツ・紫外線(検索)
タイツ・紫外線(検索)
ボタン
ボタン

夏場は暑苦しいので出番少な目かな? 夏場はタイツを履くよりも、UVカット加工のロングパンツ等でガードした方がよいかも。

一部アイテムはオバサン臭くなるかもしれない! 特にフェイスマスクは農作業しているオバサンみたい。。

でも、「ああ、この人はちゃんと肌のことを考えたケアを欠かさず行っている人なんだなぁ」とちゃんと評価してくれる人も中には居ます。

何より自分の肌のために大事なことです。

服の紫外線対策を探す
ボタン
服の紫外線対策を探す
ボタン
UVケア (基本)
日焼け止め
紫外線対策 (洋服ほか)
サムネ画像
紫外線対策・日焼け防止に買っておきたい洋服の基本 (UVカット加工)
お役立ち情報
管理人

めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

生活家電レビューとかもやってます。

お問い合わせ こちら
イメージ