水クレンジングとは

水クレンジングは、ナチュラルな見かけとは反対に洗浄力がとても強く、アイメイクやウォータープルーフマスカラ、アイライナー、口紅といった、クレンジングでも中々落ちにくいポイントメイク落としに非常に効果的です。

サムネ画像
目次
  • アイメイクを強力に落とせる優れもの
  • 水クレンジングの特徴、魅力
  • こんなタイプの製品が多い
  • 使い方や注意点
案内

アイメイクを強力に落とせる優れもの

水クレンジングとは、成分に「水」を多く含んだクレンジング剤のことです。

成分表示 ラベル
成分表

ただし、水の力によって洗浄力を高めているのではなく、あくまでメイク落としには界面活性剤などの化学成分でメイク油分を浮き上がらせて落とします。製品によっては、保湿性洗浄成分と書かれている場合もあります。

水クレンジングは、ナチュラルな見かけとは反対に洗浄力がとても強く、アイメイクやウォータープルーフマスカラ、アイライナー、口紅といった、クレンジングでも中々落ちにくいポイントメイク落としに非常に効果的です。目元や唇などのポイントメイク部分は必然的に油分が多くなるため、そのまま顔全体をクレンジングしてしまうと必ず落としムラが発生してしまいます。メイクは毛穴を詰まらせる原因になるため、メイクが残ったまま眠ってしまうと毛穴の詰まりによってニキビや肌荒れなどの肌トラブルに見舞われてしまうかもしれません。また、翌日の化粧が上手くのらないといった影響も出てきます。ポイントメイク専用に、こういった強力なクレンジング剤を1本持っておくのは良いことです。

アイメイク

水クレンジングはコットンに適量を含ませて使用するため、落としたいメイク箇所を重点的に落とすことができます。浮き上がらせたメイクが目の周りに広がりにくいため、メイク汚れの拡散や落としムラを気にすることなく使用できます。また、洗面台や流し場に移動することなく使用できるため、寝室ベッドの上や外出先ホテル等でも気軽にメイク落としができるのが魅力です。

コットン
水クレンジング(検索)
水クレンジング(検索)
ボタン
ボタン

こんな人にオススメ!

  • オイルやジェル、クリームタイプのべたつき感が嫌だ
  • ポイントメイクを効果的に落としたい
  • 旅行や外出時に気軽に持っていけるメイク落としが欲しい
  • 寝る前など、とにかく時間を掛けずにサっと落としたい

水クレンジングの特徴、魅力

水クレンジングの特徴や魅力について、要点をまとめました。

水分

サっと落とせる手軽さ

水クレンジングはコットンに適量含ませて、軽く拭き取るだけでOKです。水クレンジングといってもその洗浄力は強力なため、なかなかメイクが落ちない、落としムラができて面倒、といった悩みを持たれる方にピッタリのクレンジング剤です。肌のことも考えると、逆にあまり時間を掛けない方が良いくらいなので、時間がない、急いでメイク落としをしたい時などに重宝します。

アイメイク

分量調節がカンタン!

手に取るタイプのクレンジング剤の場合、顔にべたっと多く付けすぎたり、逆に分量が少なすぎて注ぎ足すハメになったりと、分量調節が上手くいかないこともあります。水クレンジングはコットンを使用するため分量調節を行いやすく、メイク落とししたい場所をピンポイントにクレンジングすることができます。そのため、アイメイクや口紅などのポイントメイク落としに有効です。

鉛筆

場所を選ばない

顔全体がクレンジング剤でべっとりになったり、水洗いやタオル等による拭き取り作業がないため、自分の部屋や出先、旅行先など、水場がない場所でも使用することができます。また、ダブル洗顔が不要で化粧水としての効果も備えているものもあり、水クレンジング1本でさっぱりとした肌にリセットできます。

寒い冬の日に、わざわざ冷え切った洗面所まで移動しなくても、暖かい自室で簡単にメイク落としができる点も嬉しいですね。

こんなタイプの製品が多い

私が水クレンングをリサーチしている時によく目にした製品タイプの特徴です。

  • オイルフリー、オイルインのタイプがある
  • ダブル洗顔不要

使い方や注意点

使い方やポイントについて。コットンにたっぷりと含ませる、ゴシゴシ力を入れない、あまり時間を掛けない、などがポイントです。

水クレンジング 矢印

使い方の手順やポイント

コットンを介してクレンジングするため、多少手が汚れていても問題ありません。ただし、手を清潔にしてから行うに越したことはありません。部屋や出先など水気のない場所では、ウェットティッシュ等で除菌を行ってからクレンジングを始めるようにしましょう。ウェットティッシュには、アルコール除菌タイプやノンアルコール除菌タイプなどがあります。

コットンに水クレンジング成分をたっぷりと含ませる。分量をケチって少ししか付けなかった場合、メイク落ちが悪くなるばかりか、肌に余計な摩擦を与えて角質層に傷をつけてしまう恐れがあります。

コットン

最初に水クレンジングを行うのはアイメイクや口紅などのポイントメイクから。コットンをポイントメイクに押し当ててしばらく馴染ませます。メイク油分が浮き上がったらサッと拭き取っていきます。メイクと馴染む力が強いため、ゴシゴシと拭く必要はありません。アイラインやマスカラ、小鼻のくぼみなど、細かな部分をクレンジングする際には、コットンを折りたたんでを使ったり、綿棒を使用するのも良いです。ポイントメイクの拭き取りが終わったら、次は顔全体にやさしく滑らせるように拭き取りを進めます。

アイメイク

顔全体のメイク落としが終わったら、コットンの汚れ具合から拭き残しがないか確認して終了です。ポイントメイク専用に水クレンジングを行っている場合は、このあと通常のクレンジングに移行します。

注意点

  • 洗浄力が強いため、アイメイクを落とす際には目に入らないように十分注意すること。また、肌に合わない場合には使用を控えること。
  • ゴシゴシと力を入れすぎない。特に、コットンで拭き取るタイプは肌との摩擦によって角質層に傷をつけてしまわないよう注意しましょう。角質層への傷は肌のバリア機能を弱めるため、細菌や化学物質に対する抵抗力が落ちて肌荒れや湿疹の原因になったり、水分保湿力が落ちることで乾燥肌や敏感肌の原因になることがあります。また、肌へ必要以上に与える刺激は、表皮奥のメラノサイトを活性化させ、メラニン色素の沈着を促してしまいます。メラニン色素が体外に排出されずに残ると、シミや黒ずみの原因になります。
  • 過剰なクレンジングや洗顔をしてしまわないよう注意しましょう。水クレンジングは洗浄力が強いため、肌への負担を考えてあまり時間を掛けずに行うのがよいです。また、水クレンジングでポイントメイク落とし⇒通常のクレンジング⇒ダブル洗顔といったように、過剰に洗顔を行うのは皮膚の保護バリアに必要な皮脂まで落としてしまうのでよくありません。

一緒に購入したい

水クレンジングで使いコットン。肌に優しいオーガニック(有機)タイプがおすすめです。

オーガニックコットン(検索)
オーガニックコットン(検索)
ボタン
ボタン
水クレンジングを探す
ボタン
水クレンジングを探す
ボタン
クレンジング (基本)
サムネ画像
水クレンジングとは
管理人

めんどくさがり屋な性格の管理人。コタツでぬくぬくするのが好きです。

美容のことを勉強していますが、底が深すぎて浅瀬にしか到達できない。特にスキンケアの世界は非常に奥が深い。

生活家電レビューとかもやってます。

お問い合わせ こちら
イメージ